FC2ブログ

尾瀬の旅 1日目(大宮駅~上毛高原駅~戸倉温泉)

2013/06/10

以前から一度は行きたかった憧れの地
「水芭蕉の咲く尾瀬」
今年は本厚木に住む次男宅を中継地として
ようやくその夢が叶いました

1日目のコースは
次男宅を7時55分に出発
本厚木駅~(小田急)~新宿駅~(JR)~大宮駅~
(上越新幹線)~上毛高原駅~(関越交通路線バス)
~戸倉温泉に向かいます


20130610IMG_7224.jpg
11時16分
大宮駅で上越新幹線がホームに到着



20130610IMG_7226.jpg
12時15分
上毛高原駅前で路線バスの到着を待ちます
20130610IMG_7227.jpg
駅前のロータリー


14時45分
今夜の宿に到着し一休みした後

20130610IMG_7238.jpg
15時00分
夕食までの時間に
宿の周辺を散策に出かけました



20130610IMG_7239.jpg
宿の下を流れる川に
吊り橋があるので行ってみます



20130610IMG_7243.jpg
吊り橋を対岸へ渡り
左の上流に歩いて見ます



20130610IMG_7245.jpg
このあたりにたくさん咲いている
ニセアカシア



20130610IMG_7249.jpg
上流には立派な橋が掛かっています
後ろ側には
尾瀬第一駐車場があるので
鳩待峠から尾瀬ヶ原に入る場合は ここにクルマを停めて バスまたは乗り合いタクシーで 移動する人も多いのだろう



20130610IMG_7251.jpg
尾瀬戸倉関所跡
この関所は関ヶ原の戦以後
会津方面への出入りを警戒し
設けられたものらしい



20130610IMG_7253.jpg
関所跡のすぐ左にある
尾瀬ぷらり館
館内には「尾瀬ネイチャーセンター」や
日帰り温泉「戸倉の湯」などがありました



20130610IMG_7256.jpg
館内に展示された御神輿



20130610IMG_7257.jpg
翌日の朝は、ここからバスに乗り
鳩待峠に向かう予定です

このあと宿に戻り
温泉に浸かって寛ぎます



20130610IMG_7261.jpg
18時00分
お待ちかねの夕食
午後の散策で見た「ニセアカシア」の花
このあと天ぷらで提供されました

翌日は早朝、4時30分に
宿を出る予定だ


尾瀬の二日目へ
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-1063.html

スポンサーサイト



尾瀬の旅 2日目の前半(戸倉温泉~鳩待峠~山の鼻~竜宮小屋)

2013/06/11


本日の行程は
宿を出て戸倉から鳩待峠までは
シャトルバスで向かい
鳩待峠~山の鼻~竜宮小屋~尾瀬小屋の
トレッキング予定である
今夜の宿は、尾瀬小屋に予約しているが
それ以外は成り行き任せだ

201306117266.jpg
ここが戸倉~鳩待峠のシャトルバス乗り場
バス料金は一人片道900円
4時40分始発のバスを待っているのは
もうひと組の御夫婦だけでした
ところがバスが到着すると
ほぼ満席・・・?
それは、戸倉始発とはいっても
ここに来るまでの乗客を
途中で乗せているとのことでした



201306117267.jpg
バスは定刻8時40分に出発し
鳩待峠の入口ゲート前に
4時53分に到着
ゲートは5時に開くので
そのままバスで待機しました



201306117268.jpg
5時08分
鳩待峠に到着しました
この前のベンチに座って朝食です
宿で作ってもらった弁当は
「おにぎり、ゆで卵、チーズ入り蒲鉾
キューリの浅漬け」でした



20130611IMG_7271.jpg
5時40分
トレッキングに出発前に



201306117272.jpg
靴底に着いた雑草の種など
グリーンのマットで払い落とし
山の鼻まで3.3Kmを下って行きます



201306117274.jpg
やがて前方の空が明るくなると
至仏山の残雪が見えてきます



20130611IMG_7275.jpg
最初は不規則な
石組みの階段を下る



201306117284.jpg
じきに緩やかな木道に変わる



201306117285.jpg
6時00分
朝日を浴びた至仏山の
山頂付近が見える



20130611IMG_7318.jpg
6時30分
最初に出会う水芭蕉の群生
でも、見頃のピークは過ぎているのか
緑色の葉が大きく育っていました



201306117338.jpg
6時55分
山の鼻ビジターセンター前に到着
ガイドブックによれば
鳩待峠から1時間となっていますが
10分ばかりオーバーしてます
こんなペースでは
団体行動には向きませんね (-_-;)
でも、今回は気楽に
自由に時間が使えるのが良いですね~

多くのハイカーは山の鼻分岐から
右の宮方向に進んでる
しかし時間に余裕があるので
山の鼻の研究見本園を散策してみる



201306117345.jpg
7時05分
研究見本園への木道
水芭蕉とダケカンバの
白い幹が絵になりそうです



201306117352-7355.jpg
研究見本園の木道で
左側180度のパノラマ風景
後方に至仏山(2228m)の全体が望める



201306117360-7362.jpg
一番奥にある水芭蕉の群生地
ここまで足を伸ばすモノ好きはいないのか
人影は見当たりません



201306117363.jpg
木道で花を撮影中の家内



201306117365.jpg
研究見本園でのベストショット
水芭蕉と水面に映る青空です



201306117372.jpg
7時35分
山の鼻分岐まで戻り
牛首の方に向かって進みます



201306117380.jpg
途中で振り返ると
後方の至仏山が徐々に高さを増してきます



201306117392.jpg
8時30分
牛首分岐に到着しました
ガイドブックによれば山の鼻分岐から
ここまで40分となっていますが
この間も55分かけて
やはりのんびりペースでしたね~



201306117393.jpg
この分岐には休憩のベンチがあったが
ほぼ満席だったので通り過ぎ
次のベンチまで行きます
振り返ると至仏山も
かなり遠くなってきました



201306117398.jpg
8時40分
牛首分岐から竜宮に向かう途中
前方の燧ヶ岳と
池塘に映るハイカーの行列を撮ります



201306117399.jpg
木道は右側通行で
上の写真の団体とすれ違ったあとで
振り返って撮りました

パノラマ動画は ↓ こちらでご覧ください


 


201306117402.jpg
8時45分
下の大堀川橋を渡ります
流れは緩やかですが
右から左方向に流れていました



20130611IMG_7404.jpg
橋を渡って2分ぐらい進むと
木道にこの表示があり
ここは見逃せないので行ってみます
左に分かれた木道の先には
数人の方は見えました



201306117411.jpg
この構図は見たことがありますね~
旅行パンフレット等で
尾瀬の定番スポットになってる所です
水芭蕉の花は終わってましたが
満足の風景が撮れました



201306117413.jpg
定番スポットから本来のコースに戻り
竜宮方向に向かいます



201306117421.jpg
この日は平日なので
木道も混雑なしにマイペースで歩けます
これが週末だったら
こんな風景は見られなかったかも・・・



20130611IMG_7423.jpg
9時09分
こんな表示があります



20130611IMG_7425.jpg
「竜宮」というネーミングは
木道の反対側から地中に潜り込んだ水が
ここから湧き出している現象から
名付けられたそうだ
目を凝らしてみると
透き通った水が湧き出ているのが判りました



20130611IMG_7427.jpg
9時17分
竜宮十字路を通過



201306117429.jpg
9時20分
竜宮小屋に到着
ここで約20分ばかり休憩しました

このあと見晴の尾瀬小屋に向かいますが
尾瀬の旅 2日目の後半に続きます
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-1064.html


草津温泉(1日目)

2019/10/09



♫ 草津よいとこ一度はおいで~ ♫
とは言うものの
我が家からはちょっと距離があり
行く機会がなかった

今回の旅は
まず厚木に住む息子宅まで行って
そこから向かうことにした

9時頃に本厚木から小田急線で新宿へ
新宿からJRで赤羽を経由し
長野原草津口駅へ到着は
14時30分頃



20191009DSC_1394.jpg
14時42分
JR長野原草津口駅から
JR関東バスに乗り

20分弱で草津温泉バスターミナルに到着
そこから湯畑まで歩きます



20191009DSC_1395.jpg
15時22分
湯畑は温泉街の中心にありました
後方に見えるホテルは
明日の宿泊を予約している宿です
右手前の建物が「熱之湯」で
湯もみショー、湯もみ体験施設だが
ここには明日行くことにして
今日は湯畑の周囲(すぐ右)を
散策だけにしました



20191009DSC_1396.jpg
TVの旅番組などで幾度となく見た
草津のシンボル湯畑です
湯畑を上流から見る風景



20191009DSC_1399.jpg
「徳川八代将軍御汲上之湯」
の石碑が立っている
ここから江戸まで
温泉を湯桶に入れ運んだのだろうか?



20191009DSC_1400.jpg
湯畑のパノラマ風景
周囲は瓦を敷き詰めた遊歩道で
公園になっています

今夜の宿は左前方のホテルに
予約しています



20191009DSC_1401.jpg
湯畑の下流へ降りる階段から見る湯滝
温泉の自然湧出量は日本一で
毎分32,300リットル
一日に換算すると
ドラム缶で約23万本にもなるそうだ



20191009DSC_1403.jpg
湯畑の最下流にて



20191009DSC_1407.jpg
湯滝の左から上がり
湯畑の周囲を散策しました
気温が下がれば
湯けむりもはっきり見えるのだろうが
今日は暖かいので・・・



20191009DSC_1409.jpg
17時47分
7階の部屋から見えた湯畑
わずかに見えるが・・・

明日は左奥のホテルで
湯畑の見える部屋を予約しているので
これで我慢しましょう (-_-;)


翌日の草津温泉二日目へ
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-1110.html




草津温泉(2日目)

2019/10/10



草津温泉の二日目
今日はのんびりと周辺を散策します


20191010DSC_1410.jpg
7時00分
宿の窓から見る風景
遠方に見える山は白根山の方向
右下に湯滝が見えています



20191010DSC_1411.jpg
湯滝をズームアップすると
朝の冷え込みで
立ち上る湯気が白く見えていました


昨夜のホテルをチェックアウトし
湯畑の向こう側へ

今夜の宿泊予約したホテルの
フロントに荷物を預け
周辺の散策に出かけました



20191010DSC_1412.jpg
9時33分
「熱之湯」に入館しました
観光客の見物席は2階にもあります



20191010DSC_1415.jpg
最初は湯もみのショーから始まります
お馴染みのシーンは動画で




20191010DSC_1417.jpg
次は観光客の「湯もみ体験」
初めて体験しましたが
意外と難しかったですね~



20191010DSC_1419.jpg
次の湯もみショーは
動きが早く、最後には飛沫が上がります




20191010DSC_1422.jpg
9時55分
熱之湯で湯もみを見たあとは
湯畑から北に伸びる西の河原通りへ

途中で
温泉まんじゅうの試食を
いただきました



20191010DSC_1424.jpg
10時10分
公園の入口
遊歩道を奥に進むと
いくつかの足湯がありますが
試しに手を浸けてみると
結構熱めの温泉が湧いていました



20191010DSC_1425.jpg
周囲の木々は僅かに紅葉しています



20191010DSC_1428.jpg
10時15分
手前が夫婦円満と子宝地蔵尊
その奥は、ぴんころ地蔵尊
どちらも念入りに拝みました



20191010DSC_1429.jpg
10時20分
丸くて広い足湯には
数人が浸かっていました



20191010DSC_1439.jpg
草津温泉で一番大きな露天風呂へ
ここは露天風呂のみで
洗い場はありません
平日で、入浴者は5名程度
総面積500平米もある
大きな池のような中で
気持ちの良い温泉が楽しめました



20191010DSC_1438.jpg
露天風呂を出て
温泉を左側に見ながら遊歩道を奥へ



20191010DSC_1430.jpg
「鬼の相撲場」と呼ばれる広場



20191010DSC_1432.jpg
自然の池には
野生のカモが泳ぎ
人が来ると近寄ってきました



20191010DSC_1434.jpg
11時00分
「鬼の相撲場」の石碑
自分の顔が写り込んでいました



20191010DSC_1440.jpg
遊歩道を引き返す途中の
流れ落ちる温泉



20191010DSC_1441.jpg
子育て・延命地蔵尊



20191010DSC_1443.jpg
11時20分
もう一度
今度は足湯だけ・・・・


20191010DSC_1442.jpg
無色透明の温泉です



20191010DSC_1445.jpg
11時35分
片岡鶴太郎美術館前に
パトカーが数台来ています
今日は休館日だが・・・
何か事件があったのかな~?



20191010DSC_1446.jpg
11時40分
草津白根神社への階段



20191010DSC_1449.jpg
階段の途中にある円柱状の鳥居
周辺には石楠花が多く
花の時期には
参道を彩ることだろう



20191010DSC_1451.jpg
11時45分
まだ緑が濃い参道の両脇
正面が白根神社の社殿です
参拝者は我々のみ
ゆっくりと参拝することができました
参拝後は境内左の石楠花散策路を抜け
諏訪神社にも寄って下山



20191010DSC_1453.jpg
12時10分
昼食は湯滝が見える店で



20191010DSC_1454.jpg
今日は車の運転はありません
安心です・・・ (^O^)



20191010DSC_1455.jpg
13時00分
食後は、草津熱帯園に行ってみましたが
ワニやヘビなど爬虫類が多く
あまりUPできる画像はなかったです
唯一、蝶の標本の中から
選んだ一枚です



20191010DSC_1456.jpg
14時00分
湯畑まで戻り、南西の山側にある階段へ
ここから光泉寺に参拝



20191010DSC_1457.jpg
光泉寺は、白根明神の別当寺として
正治二年(1200)に草津領主湯本氏が
再建したと言い伝えられています



20191010DSC_1460.jpg
光泉寺僧職は
鎌倉幕府から地頭職を賜い
寺領として白根庄の領有を許されていた
真言密教の寺院で
本堂の前には
弘法大師の像がありました




20191010DSC_1462.jpg
境内の一角には
茅葺き屋根の釈迦堂があります



20191010DSC_1463.jpg
14時10分
参拝後に山門下から見る湯畑


このあとホテルのチェックインまで
あちこちの土産物店を散策


20191010DSC_1464.jpg
草津の「温泉まんじゅう」
先日のTV番組で見た店で買いました



20191010DSC_1465.jpg
15時06分
チェックイン後に
7階の部屋から見る湯畑
左奥は昨夜の宿です



20191010DSC_1469.jpg
17時40分
湯畑のライトアップ風景
今夜は障害物もなく
動画で湯畑の全面が見えますね~




20191010DSC_1477.jpg
20時45分
1階まで降りて、ライトアップを間近に見ました
このあとは宿の内湯に浸かり
翌日の朝風呂も入って
二泊の草津温泉を堪能しました
QRコード
QR
プロフィール

KF

Author:KF
 【 管理人 KF 】
 ブログへようこそ (^O^)

 別館の 「 KFの風景探訪 」
も右側リンクに入れています.
お時間がある方はご覧下さい.

なお、リンクはフリーです。
相互リンクも歓迎ですので
右最下欄でご一報ください。

月別アーカイブ
フリーエリア
2000年以降の訪問者数
最新記事
最新コメント
ブロブ内の検索フォーム
カテゴリ(県別・その他)
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる