FC2ブログ

伊勢神宮~鳥羽

2011/04/11

伊勢神宮は日本人の心のふるさとと言われている
しかし、まだお参りしたことがない
そこで今回は、伊勢神宮~鳥羽海岸~
熊野古道~那智大社~熊野本宮~
十津川村~奈良の吉野山~法隆寺と
約一週間をかけて車旅に出かけました

4月10日の午前10時頃に自宅を出発し
その夜は伊勢道の安濃SAにて車中泊
翌日の11日は
まず外宮から伊勢神宮に参拝します


201104116033.jpg
外宮の駐車場は平日のせいもあって
数台しか停まっていません
駐車場から北御門参道を進み
右手に御厩を見て
北御門鳥居に向かいます
玉砂利の参道は落ち葉一枚もないほど
綺麗に掃き清められ清々しい気分です



201104116040.jpg
外宮の中心は御正宮で
ここには豊受大御神が祀られています
豊受大御神とは
天照大御神のお食事を司る神で
衣食住全てに亘る産業の守り神です



201104116043.jpg
ここが御正宮の正面ですが
鳥居から奥は撮影禁止となっています
豊受大御神は、この奥の四重の垣根の中に
鎮座されているそうです
拝殿の前には純白の帳があり
奥は見えませんでした



20110411IMG_6050.jpg
御正宮の参拝を終えて
宮域内にある三つの別宮(多賀宮、土宮、風宮)
にもお参りしました
多賀宮には豊受大御神の
荒御魂がお祀りされています



201104116055.jpg
御正宮の屋根は垣根から離れた位置で
85mmズームで上部だけ撮りました
切妻屋根の両側にある千木の削り方が
外宮は外削り(垂直)で
内宮は内削り(水平)となっているそうです
確かに千木の先端は
垂直に削られていますね~

外宮のお参りを済ませ
いよいよ内宮に向かいます



201104116064.jpg
やはりメインは内宮ということでしょうか
内宮の駐車場はほぼ満車
しかし運良く1台分のスペース
を確保できました

遷宮で平成21年に新しくなった
宇治橋を渡って参拝です



201104116068.jpg
橋の右側に見えるのは
五十鈴川上流の木除け杭です



201104116070.jpg
全長100m檜造りの橋は
遷宮で2年前に新しくなったばかりで
白木の木肌が綺麗です



201104116072.jpg
宇治橋を渡り玉砂利の参道を右へ進むと
手入れの行き届いた神苑が広がる



201104116073.jpg
芝生に這松を配した庭園は
桜も見頃です



20110411IMG_6075.jpg
手水舎には多くの参拝者がありますが
ここは通り過ぎ
五十鈴川の辺に向かいます



201104116079.jpg
お手洗い場は五十鈴川の川べりで
広々とした石畳に降りていきます



201104116084.jpg
同じ洗うのなら・・・・
一番の上流側で身を清めました



201104116087.jpg
御手洗い場から参道に戻って奥へ
その先は第二鳥居です



20110411IMG_6092.jpg
第二鳥居から奥は
参道の脇に杉の大木が多くなる



201104116093.jpg
参道の一番奥左側に有る
30段あまりの石段です
この上には、板垣、外玉垣など
五重の垣根に囲まれた
最も内側の神聖な一角に立つ
「御正殿」天照大神が鎮座されています
ここから先は撮影禁止のご聖域となります



201104116094.jpg
そこで、石段の一番下から
ズーム85mmで精一杯のアップで撮りました
苔むした屋根が荘厳な雰囲気を漂わせています



20110411IMG_6095.jpg
参拝前に・・・
このあと、石段を上がり
長年の念願だった参拝を済ませました



201104116097.jpg
御正殿の左側には
平成25年に行われる
第62回式年遷宮御敷地が準備されています
できたら遷宮後の真新しい社にも
参拝したいものです



201104116100.jpg
宮域内にある「御稲御倉」
高床式の穀倉は
日本古来の建築様式の一つである
「唯一神明造」の原型になったそうです



201104116104.jpg
嵐祭宮付近で頭上を見上げると
木々の枝葉が隙間なく生い茂ってます
それぞれの樹木が
自然に光を求めて広がったものだろう



20110411IMG_6114.jpg
内宮の池で泳ぐ錦鯉

お参りを済ませ
おはらい町を散策



201104116128.jpg
伊勢名物の赤福の看板が見えます



201104116133.jpg
通りの建物は警官に配慮され
郵便局や銀行も木造の建物です



201104116134.jpg
昼食はおかげ横丁で
伊勢のご当地うどんにしました



201104116135.jpg
これが「伊勢うどん」
出汁の色が黒いので味が濃いかと思ったが
見た目ほど濃くなかった
しかし、麺は柔らかかったです



20110411IMG_6146.jpg
食後の散策で見かけた
「お白石」
式年遷宮で
正殿の敷地に敷き詰められる白い石が
準備されていました


次は道開きの神様、猿田彦大神を祀り
夫婦円満や縁結び、開運、交通安全に
御利益があるとされる
「二見興玉神社」に参拝です



201104116160.jpg
後方に二見のシンボル
夫婦岩が見えています



20110411IMG_6163.jpg
境内には、御祭神のお使いとされる
二見蛙(無事にかえる、お金がかえる)
が多数奉献されています



201104116165.jpg
近くから見る夫婦岩には
5本の注連縄がかけられていました

その後
そのまま宿に直行するには
時間が早いので寄り道



20110411IMG_6173.jpg
鳥羽湾巡りの遊覧船に乗ります



201104116176.jpg
龍宮城を模した船体の遊覧船
三階のデッキには
乙姫と浦島太郎の像がありました



201104116182.jpg
約1時間、リアス式にの海岸と
島々の警官を楽しみました
海面はベタ凪で湖のようですね~



201104116191.jpg
遊覧船から降りて
ミキモト真珠島に渡ります



201104116192.jpg
真珠博物館とパールプラザが並んでます
平日の16時前で入館者は僅かでした



201104116193.jpg
博物館で一番輝いていた
「パールクラウン」



201104116194.jpg
こちらも見事な
「美樹本五重塔」



201104116201.jpg
16時から海女の実演がある
というアナウンスに誘われ
「海女スタンド」に行ってみました
もしかすると他に観客はいないのでは・・・
と心配しましたが
約20人ぐらいの団体さんも集まってました



201104116220.jpg
観客席の前まで船で来た
3人の海女さんが
昔ながらの白い磯着を身にまとい
素潜りの実演をしてくれます



201104116226.jpg
桶に掴まり呼吸を整えると
一気に水中へ
約1分間の潜水作業を
繰り返し実演でした



201104116232.jpg
実演の最後は海女さんも
手を振ってお別れしました


このあと
予約の宿「鳥羽観光ホテル」へ向かいました



20110411IMG_6245.jpg
ホテルの窓から見る
鳥羽マリンターミナルの夜景


翌日は鳥羽~志摩~尾鷲と海岸線を辿ります
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-1014.html

鳥羽市~志摩市~尾鷲市を巡る

2011/04/12

本日は、鳥羽市~志摩市の海岸線を巡る
「パールロードシーサイドライン」を通り
更に海沿いの南伊勢町~紀北町を辿って
尾鷲市までのドライブです


20110412IMG_6255.jpg
宿を出発する前に



201104126258.jpg
パールロードシーサイドラインの途中
海の博物館の案内板があり
立ち寄ってみました
道路沿いから少し離れた場所でしたが
かなり大きく立派な施設でした



201104126260.jpg
木造の建物は
天井が船底をイメージする構造で
鳥羽の海に関する物が
数多く展示されています



201104126262.jpg
こちらは
牡蠣の殻を7000枚使って作られた龍
全長は9mあり
製作期間は3ヶ月を要したそうです



201104126264.jpg
津波で折れたイカリ



201104126265.jpg
ちょうど一か月前に発生した
東日本大震災
このあたりの海にまで
被害が及んでいたとは知りませんでした



201104126268.jpg
こちらの展示棟は
筏、船、桶と海で使われた
あらゆる乗り物が展示されています



201104126269.jpg
じっくり見て回ると
時間はいくらあっても足りません



201104126276.jpg
体育館ぐらいある展示棟では
昔のカツオ漁の様子が
実物大の船で再現されていました



201104126277.jpg
ここの施設は
日本建築学会賞、全国公共施設100選
日本の建築空間100選で
国指定重要文化財6879点
実物資料は約58000点を所蔵
となってましたが・・・
入館者は我々の他には居ませんでしたね~


パールロードに戻り先へ進むと
途中で見晴らしのよい
展望台Aがありました

201104126282.jpg
展望台Aからの展望
20110412IMG_6280.jpg


更にパールロードを先へ進むと
鳥羽展望台に着きました

201104126284.jpg
後方は遠州灘です
日差しはあるものの
まだ風は冷たかったです



201104126285.jpg
兄弟揃って歌手として活躍した
鳥羽一郎と山川豊の功績を称える歌碑
星野哲郎作詞・船村徹作曲の
「兄弟船」が彫られていました



201104126287.jpg
可否の広報には熊野灘が望めました
ここから先は
志摩スペイン村周辺を目指します



20110412IMG_6291.jpg
賢島大橋から見る光景



20110412IMG_6293.jpg
途中の「道の駅伊勢志摩」で小休止

その後、南伊勢町~紀北町~尾鷲市の
海岸線をドライブですが
ラジオからは頻繁に
緊急地震速報(東北・関東地方)
が流れ、終始周囲の地形を考えながら
緊張して走りました



201104126298.jpg
15時30分
ようやく海岸線から少し離れた
「道の駅海山」に到着
ここで休憩します
ここから歩く熊野古道「馬越峠」
のコースもありますが
利用できる交通機関が少ないので
明日、少し先の「松本峠」コースを
歩く予定である



201104126297.jpg
道の駅から見えた気になる看板
このあたりはカラスが多いのかな~?



201104126300.jpg
16時05分
尾鷲市の「三重県立熊野古道センター」へ
ここでも入館者は我々だけでしたが
係りの方からビデオ上映や
展示室での詳細な説明など
大変お世話になりました



201104126305.jpg
センターで聞いた話で
この辺りはマンボウを普通に食べている
ということなので
夕食はマンボウ定食」がある店に決めた
天ぷら、湯引き、腸の塩焼きなど
初めて食べましたが
食感は柔らかいイカのようで
美味しかったです



201104126306.jpg
食後、熊野古道センターに隣接した
「夢古道の湯」で入浴

今夜の宿は特に決めていないが
明日は熊野古道「松本峠」を歩く予定なので
ここから約20Km先の
「道の駅熊野きのくに」
に向かい、そこで車中泊とした


翌日の熊野古道へ
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-1015.html


熊野古道「松本峠」~熊野那智大社

2011/04/13


本日の予定は
JR大泊駅前に車を置き、熊野古道を松本峠~
鬼ヶ城跡~獅子岩~花の窟神社と歩き
有井駅から大浜駅まで列車で引き返し
その後、車で七里御浜の海岸沿いを南下
速玉大社、那智の滝、那智大社を訪ねます


201104136308.jpg
「道の駅熊野きのくに」で迎える朝
8時開店のレストランで朝食を済ませ
昼食用に名物の弁当を調達
「めはり寿司」と「さんま寿司」
これで安心して歩けます

スタート地点の大浜駅に
向かって出発する


20110413IMG_6309.jpg
途中のみかんの里で
おやつのみかんも忘れずに
購入しました



201104136312.jpg
9時10分
JR大泊駅前に到着
駅前に車を置き
松本峠へ向かいます



201104136313.jpg
駅は無人駅で
5~6台駐車できます



201104136317.jpg
駅前から峠の方を見ると
中腹咲いた満開の桜が
雲がたなびくように見えました



201104136321.jpg
9時36分
松本峠の入口で
たまたま通りがかった方に
シャッターをお願いし
記念のショット



20110413IMG_6327.jpg
熊野古道は熊野三山
(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)
への参詣道のことですが
これから歩くコースは
「伊勢路」の一部分にしか過ぎません

他には
「中辺路」、「大辺路」、「小辺路」
があり、これらを全て歩く人もいるそうです



201104136331.jpg
「伊勢路」は他と違って
雨が多い地域の為に
崩れにくい石を使った道が
作られたそうです
昨日、熊野古道センターで
聞いた情報ですが・・・



20110413IMG_6337.jpg
これと似たような石の階段は
九州や山口の山でも見かけますが
ここは世界遺産だと思うと
一歩ずつしっかり踏みしめて
歩きましたね~



201104136340.jpg
峠も勾配が緩やかになると
階段は石畳の道に変わり
周囲も竹林となる



201104136343.jpg
9時55分
峠にはお地蔵さまが祀られています



201104136344.jpg
お地蔵さまの足元には銃弾の跡!
近くにあった説明によれば
江戸時代、元禄の頃
鉄砲撃ちの大馬新左衛門が
夜中に峠に差しかかると
月下に得体の知れないものが
立ちはだかってきた
思わず発泡し、命中したが
近づいてよく見ると
この峠のお地蔵様だったという



201104136347.jpg
次は峠から海側に向かい
鬼ヶ城の城跡によってみます



201104136350.jpg
鬼ヶ城への道は
尾根伝いの快適な道です



201104136351.jpg
峠から200mぐらい歩くと
展望台の東屋に着きます



201104136352-6353.jpg
ここからの眺望は素晴らしく
20数キロにわたって
弓なりの浜辺が続く砂礫海岸
「七里御浜」が一望できます
右下は熊野市街地で
海岸線の先は新宮市の方向です
この時点では、あの海岸で
弁当を食べるとは思ってなかったですね~



201104136357.jpg
鬼ヶ城跡は
東屋から500m先に行きます



201104136369.jpg
城跡は広場になっていて
下方には桜並木を散策できる
遊歩道がありました
出発した時に見えた桜は
この下の並木だったようですね
入江奥の山際が
車を置いたJR大泊駅付近です



201104136370.jpg
城跡の展望台からは
満開の桜と熊野灘が望めました
ここで暫し休憩です



201104136390.jpg
11時00分
峠まで戻り
熊野市の木本登り口に下って行きます



201104136394.jpg
峠から5分ばかり下ると
梅の畑に出ます



201104136398.jpg
まだ小粒の梅ですが
既に薄紅色になってました



201104136400.jpg
熊野市の木本町に出ると
案内板がありました
目指すは花の窟神社なので
この交差点は右に向かいます



201104136401.jpg
熊野街道は
しばらく木本町の街中を通ります



201104136404.jpg
途中の木本神社で昼食か・・・
と思ったものの良い場所がない
仕方なく、もう少し歩く



201104136405.jpg
街中には弁当が食べられる
良い場所は見つかりません



201104136409.jpg
町外れまで歩くと
防波堤の間から海が見えてきた



201104136411.jpg
海岸に日陰はありませんが
とりあえず前方の堤防に行ってみた



201104136412-6404.jpg
ここから180度のパノラマ
左に鬼ヶ城跡~前は熊野灘~右は獅子岩・花の窟



201104136418.jpg
11時55分
ようやくここで昼食と休憩です
「さんま寿司」と「めはり寿司」
両方を半分づつ食べました
目の前の熊野灘は素晴らしい眺望でしたが
もしも、ここで津波が来たら・・・(-_-;)
と思うと、長居する気分ではなかったですね~



201104136423.jpg
食後、国道42号線を南に歩きます



201104136424.jpg
国道を歩いていくと
獅子岩の看板
ここから眺める岩が獅子に見えます
砂浜に降りてみましたが
この位置が一番良いようです



201104136442.jpg
獅子岩から更に国道を歩くと
右側の松林の中に
大きな岩山が見えてきます
イザナギノミコトの御陵と伝わる
この巨岩が御神体で
日本最古の神社とも言われる
「花の窟神社」です



201104136440.jpg
歩いてきた方向が逆だったので
先に神社に参拝した後に
鳥居に出てきました
鳥居を正面に見て
左の街中を進むとJR有井駅です



201104136446.jpg
13時15分
小さな無人のJR有井駅です
前の列車はは2時間以上前に通過しており
前もってネットで調べておいた
13時38分の列車を待ちます



201104136452.jpg
定刻通り左から列車が来ました



201104136453.jpg
列車は2両編成のワンマン運転です
乗降口は一箇所で
整理券を取って乗車します
乗客も数人ですね~



201104136455.jpg
13時45分
大泊駅に到着です
料金は大人一人180円
ここで下車したのも我々だけでした



201104136458.jpg
ここから再び車の旅となります
午前中に歩いた松本峠の下はトンネルで
獅子岩や花の窟神社の前を通り
新宮の熊野速玉大社に向かいます

途中の道の駅
「紀宝町ウミガメ公園」で
飼育されたウミガメを見て小休止



201104136472.jpg
七里御浜の長い海岸沿いを走り
熊野川を渡ると直ぐ右手に
「熊野速玉大社」がある
熊野三山の中で初めての参拝です


次は熊野那智大社に向かいますが
その前に那智の大滝へ



20110413IMG_6477.jpg
那智大滝飛龍神社
入口の鳥居




20110413IMG_6480.jpg
鳥居をくぐると
滝に向かって下って行きます



201104136481.jpg
杉の大木の間を下ると
奥に高さ133mの大きな滝が見えてきます



20110413IMG_6494.jpg
更にその奥の
「飛龍神社参拝所」
から御神体の滝を参拝する



201104136497.jpg
ちなみに、ここは有料300円でした



201104136500.jpg
時折吹く強風で
滝壺に届く前に飛沫になってました



20110413IMG_6506.jpg
長い階段で
熊野那智大社に向かいます



201104136508.jpg
16時40分
熊野三山の2番目
熊野那智大社に参拝です
この時間になると
参拝者はほとんどなく
社務所もシャッターを下ろし始めてました



20110413IMG_6509.jpg
その奥にある
青岸渡寺にも参拝



201104136511.jpg
定番撮影スポットの
青岸渡寺三重塔と那智の滝


今日の参拝はここで終了
ここから立ち寄り温泉へ


201104136521.jpg
「那智駅交流センター丹敷の湯」
でゆっくりと疲れを癒す


その後、新宮市内で夕食を済ませ
夜道を道の駅
「奥熊野古道ほんぐう」に向かい
今夜はここで車中泊


翌日は「熊野本宮大社」に参拝です
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-1016.html

伊勢神宮に参拝

2017/10/09



伊勢神宮は6年前の春
2011/04/11に初めて参拝したが
今回は、長男も一緒に参拝します



201710090000.jpg
5時47分
二見ヶ浦の宿「みそぎの湯」から
朝食前に海岸を歩き
二見興玉神社と夫婦岩に向かいます



201710090001.jpg
神社の手前にあるカエルの岩
奥に夫婦岩が見える

201710090003.jpg
6時06分
二見興玉神社に参拝
御祭神に猿田彦大神を祀り
開運や家内安全・交通安全に
御利益があるといわれています



201710090005.jpg
神社後方に見える夫婦岩は
沖合約700m先に鎮まる
御祭神縁りの「興玉神石」と
日の大神(太陽)を拝む鳥居の役目をしています



201710090007.jpg
6時10分
大小2つの岩が仲良く並ぶ姿に
夫婦円満と良縁成就を祈願しました


このあとは宿に戻り伊勢神宮に向かいます
今回も前回と同様に
外宮から内宮への順序で参拝します



201710090012.jpg
9時06分
外宮の表参道「火除橋」から境内へ



201710090014.jpg
9時11分
「せんぐう館」入口の
勾玉池の舞台
「せんぐう館」では
2014年に行われた遷宮の貴重な資料や
外宮正殿の原寸大模型の展示など
伊勢神宮について深く知ることができました



201710090015.jpg
9時46分
「せんぐう館」を出て
正宮(豊受大神宮)に向かいます



201710090016.jpg
雨に濡れた表参道



201710090017.jpg
神楽殿の前を通り



201710090018.jpg
右奥に正宮が見えてきます



201710090020.jpg
9時51分
正宮(豊受大神宮)は
衣・食・住・広く産業の守護神
豊受大神が祀られています



201710090025.jpg
10時00分
土宮
地主の神である大土乃御祖神おおつちのみおやのかみをお祀りし
別宮で唯一、東を向いています



201710090027.jpg
10時06分
多賀宮
多賀宮は、外宮に所属する四別宮のうち
第一に位しています
殿舎の規模も他の別宮よりも大きく
正宮に次ぐ大きさです
ご祭神は、豊受大御神の荒御魂あらみたま
神様の御魂のおだやかな働きを、「和御魂」に対して

荒々しく格別に顕著なご神威をあらわされる
御魂の働きを、「荒御魂」とたたえます



201710090028.jpg
10時10分
風宮
ご祭神は、風雨を司る級長津彦命
級長戸辺命で、内宮別宮の風日祈宮かざひのみのみやのご祭神と同じです
雨風は農作物に大きな影響を与えますので
神宮では古より正宮に準じて丁重にお祀りしています



外宮の参拝を終え
皇大神宮(内宮)に向かいます

外宮の駐車場から内宮の宇治橋前駐車場まで
約4Km弱の距離だが
タブレットで渋滞状況を調べると
3連休で混雑しているようだ
途中の駐車場も満車の表示が出ている

今回は、ある店の駐車場割引券があったので
最初からその店を目指した
そのおかげで
駐車場に入る渋滞にも合わず
宇治橋まで歩いて20分で参拝できました


201710090030.jpg
10時40分
店から内宮へ向かう途中
地下道のおかげ参道に入る



201710090032.jpg
地下道の内部



201710090035.jpg
10時44分
もうすぐおかげ横丁 ↑ の看板



201710090041.jpg
10時50分
徐々に人通りが多くなり
自然と左側通行の流れになっています



201710090043.jpg
10時57分
宇治橋前の鳥居
高さ7.44m、直径約70Cm
外宮の棟持柱の古材から
遷宮に合わせて
20年ごとに建て替えられています



201710090046.jpg
10時58分
宇治橋の上流にある木除杭は
水害時の流木から橋を守っています



201710090048.jpg
11時00分
宇治橋を渡り玉砂利の参道を右に歩くと
見事な松が並ぶ神苑です



201710090050.jpg
11時03分
火除橋



201710090054.jpg
11時06分
五十鈴川の清流で身を清め



201710090056.jpg
11時08分
瀧祭神
御垣と御門のみで社殿はなく
石畳に祀られています
五十鈴川の守り神として古くから大切に祀られ
内宮の所管社しょかんしゃながら
祭典は別宮に準じています



201710090057.jpg
11時11分
御札やお守りを求める参拝者で
混雑しています



201710090059.jpg
11時13分
風日新宮橋を渡って



201710090062.jpg
11時16分
風日祈宮
ご祭神は、伊弉諾尊いざなぎのみことの御子神で
特に風雨を司る神、級長津彦命、級長戸辺命
雨風は農作物に大きな影響を与えますので
神宮では古より正宮に準じて丁重にお祭りされている



201710090065.jpg
11時21分
正宮への参道に戻る



201710090069.jpg
11時23分
この階段の上が正宮(皇大神宮)で
天照大神をお祀りし
全国の神社から特別の崇敬を集めています

階段から奥は撮影できません
階段を上がり
正面で参拝しました
参拝後、左に進むと6年前に参拝した
遷宮前のお社跡地前を通り帰ります



201710090075.jpg
11時34分
外幣殿
神明造の高床式の建物
内宮は正宮御垣の外にあります



201710090076.jpg
11時35分
荒祭宮
荒祭宮は、内宮に所属する十別宮のうち
第一に位しています
殿舎の規模も他の別宮よりも大きく
正宮に次ぐ大きさです
ご祭神は、天照大御神の荒御魂」


神様の御魂のおだやかな働きを、「和御魂」
と申し上げるのに対して
荒々しく格別に顕著なご神威をあらわされる
御魂の働きを、「荒御魂」とたたえます



201710090077.jpg
11時48分
黄金の鯉がいましたが
金運のご利益は期待できますかね~



201710090079.jpg
11時51分
最後に大山祇神社・子安神社にも参拝



201710090081.jpg
12時00分
宇治橋を渡り日常の世界に戻りました
広場からおはらい町へ
人の流れに沿って・・・



201710090082.jpg
12時13分
ちょうどお昼どきになったので
通りの最寄りの店へ
名物の「手こね寿司」で
お腹を満たします



201710090083.jpg
12時50分
食後はブラブラと散策
松阪牛の看板に惹かれて
「福まん」を買いました ヽ(´▽`)/



201710090084.jpg
12時51分
参拝帰りの人が多くなってきました



201710090085.jpg
12時57分
おかげ横丁にも寄り道



201710090086.jpg
13時04分
最後は「赤福」を買いました



201710090088.jpg
13時16分
おかげ参道の地下道を出て見る
駐車場の案内板
この時間でもほぼ満車です

右下の看板の店に駐車させて頂き
本当にありがとうございました
QRコード
QR
管理人のプロフィール

 K F

Author: K F
  管理人 KF
 ブログへようこそ (^O^)
自己満足の写真ばかりですが
お気軽に覗いてください。

別館の 「KFの風景探訪」も
リンク先に入れています.
時間がある方はご覧下さい.

なお、リンクはフリーです。
相互リンクも歓迎ですので
右最下欄でご一報ください。

2000年4月~月別アーカイブ
フリーエリア
2000年4月~訪問者数
最 新 アップロード記事
最 新 の コ メ ン ト
ブログ内 記事 検索フォーム
県別・その他のカテゴリー
よく訪問している リンク先
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる