FC2ブログ

造幣局で花見

4月18日

広島造幣局・花のまわりみち(最終日)の風景

前日の 風
 で散った花が多かったですね・・・














植樹園の中央で撮影した動画







スポンサーサイト



宮島(千畳閣)にて

2016/09/25



今日は、自分が所属する会で
安芸の宮島へ日帰りバス旅行でした
 
天候は薄曇りで午後から雨
帰路に立ち寄った錦帯橋では
結局バスから降りなかったです (>_<)

そんなわけで
宮島では厳島神社の参拝もスルーし
千畳閣でのんびりとした時間を過ごしました




201609255814.jpg
10時53分
宮島口からフェリーで宮島へ



201609255820.jpg
11時00分
フェリーから朱塗りの大鳥居が見えます



201609255823.jpg
11時02分
宮島の主な観光地点を一望
左から、五重塔・千畳閣・大鳥居
後方に大聖院と弥山



201609255836.jpg
11時28分
桟橋から厳島神社へ向かうと
鎧姿の武者が立っていて
外国人観光客には人気があるようです



201609255837.jpg
11時32分
干潮で鳥居の下まで歩いて行けます



201609255838.jpg
ズームアップすると
工事用の足場のような囲いがありました



201609255839.jpg
厳島神社の入口は混雑しています
同行した一行は参拝しましたが
ここで分かれ単独行動



201609255842.jpg
厳島神社の背後に回って



201609255848.jpg
満潮時は海面下で見えない鏡池
ここは真水が湧く池で
干潮だったので確認できました



201609255849.jpg
鏡池をズームアップすると
野鳥が水を求めて飛来していました



201609255850.jpg
高台に建つ五重塔



201609255851.jpg
11時40分
商店街を通り抜け
千畳閣への階段を上がります



20160925IMG_5854.jpg
11時43分
千畳閣の縁側の下が通路になっています



201609255855.jpg
11時44分
縁側下に入ってみると
立ったままで通れました



201609255854.jpg
11時47分
縁側の長さは46.6mあるそうです



201609255861.jpg
11時49分
五重塔は応永14年(1407)の建立で
礎石からの高さは28.4mあるそうです
この前から千畳閣に上がります



201609255863.jpg
11時52分
千畳閣
天正15年(1587年)、豊臣秀吉が毎月一度
千部経を読誦するため政僧・安国寺恵瓊に
建立を命じた大経堂です
宮島の島内では最も大きな建物で
畳857枚分の広さがあることから
千畳閣と呼ばれてきました
秀吉の急死によって工事が中止されたため
御神座の上以外は天井が張られておらず
板壁もない未完成のままの状態で現在に至っています
江戸時代、既にここは交流の場・納涼の場として
人々に親しまれていたようで
大きな柱には当時の歌舞伎役者一行の名や
川柳などが記されています
明治の神仏分離令により仏像は大願寺に遷され
秀吉公を祀る豊国神社となりました
※ 宮島観光協会の情報より転載

千畳閣の中を動画で撮っています





201609255868.jpg
11時56分
縁側から見る厳島神社



201609255883.jpg
11時58分
千畳閣・縁側で休憩中の
外国からの観光客



201609255873.jpg
11時59分
縁側の隅で



20160925IMG_5874.jpg
12時00分
奉納された額や大きなシャモジ



201609255882.jpg
12時10分
天井の組木



201609255852.jpg
12時13分
千畳閣の鬼瓦




201609255889.jpg
12時16分
千畳閣を出て
ここから昼食会場に向かいます




20160925IMG_5895.jpg
12時25分
このホテルにて
宮島名物「アナゴ」の昼食

食後は土産物商店街を散策し
そして帰路につきました

深入山の紅葉

214/11/05

秋晴れの中、深入山(1153m)の山頂へ
山頂から360度の展望と
山麓の紅葉を楽しんできました

     

201411054740.jpg
10時56分
深入山管理棟前の駐車場
ここから見る深入山は
なだらかな丘のようですね



201411054743.jpg
ルート案内図
今回は初めてなので
正面のグリーンシャワールートで山頂へ
下山は、なだらかな森林浴林間ルート
を辿ることにした


 

11時03分
南登山口からスタートです
両脇のモミジが門のようですね


 
201411054747.jpg
登山ルートは右側の斜面に向かいます
左側の斜面は刈り取られて
積雪時は雪遊びに良さそうですね~



201411054750.jpg
登山道の脇には
黄色や茶色に色づいたクヌギがあり
足元にはドングリも落ちています



201411054753.jpg
11時20分
クヌギの木がなくなると
後方に駐車場が見えてきます



201411054755.jpg
このあたりは急坂で
アキレス腱が伸びますね~
前方は稜線のピークでしょうか?



201411054763.jpg
11時37分
ピークの近くは
廬山道の真ん中に小石が敷かれていて
膝には辛いですね
登山道の保護には仕方ないのかも



201411054765.jpg 「ハバヤマボクチ」の花
今日初めての花です


 

11時40分
グリーンシャワールート途中から見る
山頂と、いこいの村ルートの稜線
 
 

201411054774.jpg
さらに高度を上げると
中央の下方に西尾根休憩小屋と
林間ルートが見えます
また、左下方には
後続の登山者が二人確認できました



201411054775.jpg
前方の小さな岩の上に
分岐のような白い標識が見えます
おそらく8合目となる
「いこいの村こーす」との合流点だろう
もう一息で休憩だ



201411054776.jpg
11時57分
8合目の出合いに到着です
標識には山頂まで0.3Kmとなっています


201411054777.jpg
ここでちょっと一息
後方を振り返る
左前方下に伸びるのは
いこいの村から登ってくるルート
右前方下が登ってきたルートです

 
8合目出合からの動画




201411054780.jpg
遥か東には西中国山地の
山並が幾重にも重なっています



201411054778.jpg
11時58分
一息ついた後
山頂まで残り0.3Kmを登ります



201411054783.jpg
今日初めて見つけた
咲いている花
小さなリンドウでも
見つけるとうれしいものだ



201411054786.jpg
12時14分
「見晴らし岩」からの眺望
山頂手前の鳥になれるスポット
(パンフレットに記載)
ここからなら飛べるかも・・・
そんな気になりますね~

 
 

12時16分
深入山の山頂三角点(1153m)
に到着しました


 
201411054789.jpg まずは記念ショットに収まり
お待ちかねのランチタイムです
 
 

201411054790.jpg
食後は山頂広場を一周してみます
これは、北~北東側に見える山のプレート
大山や三瓶山もみえるらしいが・・・



201411054791.jpg
こちらは、南西~北西側のプレート
湖面が青く見える聖湖は確認できた



201411054799.jpg
広い山頂での休憩は
ほとんどの登山者が北を向いて
暖かい日差しを背中に受けています
今日は北風もなく暖かかったですね~

山頂での360度の動画



201411054801.jpg
12時56分
下山は西側の林間ルートへ
中央下方に三段峡の水源
聖湖が見えています



201411054804.jpg
13時01分
山頂から下って
鞍部を登り返すと
9合目休憩小屋の左側を通ります



201411054807.jpg
13時04分
ススキの原を通過



201411054808.jpg
今日二番目に見る咲いた花
アキノキリンソウ



201411054810.jpg
13時06分
視界が開けた岩から
山頂を振り返る



201411054813.jpg
赤く色づいた「山帰来」
通称はサルトリイバラの方が
なじみがありますね



201411054817.jpg
13時15分
林間ルートといっても
上の方は南側斜面で見晴らしも良い



201411054819.jpg
13時19分
徐々に木立に入りますが
まだ山頂も見え隠れしています



201411054825.jpg
13時25分
松からクヌギになってきました


 

13時33分
林間ルートを下山途中
水場の上に見るモミジの紅葉
 


201411054841.jpg
13時40分
西尾根休憩小屋の下で
逆光に光るススキの穂先

西尾根休憩小屋下から見る動画

 



201411054847.jpg
13時46分
見晴らしの良いのはここまでで
再びクヌギ林に入っていきます


 

13時55分
午後の陽射しを受けた下山路
 
 
 

見上げるといろんな色の紅葉が
モザイクになって青空に映えています



201411054863.jpg
14時05分
スタート地点の駐車場が見えてきた
登り始めから約3時間
久しぶりの山歩きを
のんびりと楽しみました



201411054871.jpg
14時33分
下山後のお楽しみは  ♨  ですね~
今回は「いこいの村ひろしま」で立ち寄り湯
入浴料は500円でした



201411054872.jpg
15時30分
入浴に後車に戻ると
前に広がるススキ原が銀色に・・・



201411054876.jpg
深入山のいこいの村ルートも
ススキで輝いて見えます
次回はこちらから登ってみるのもいいかな~

そう思いながら帰路につきました

世羅高原

2014/09/15


呉の翌日は
世羅高原でダリアの花を鑑賞


201409153776.jpg


201409153777-3780.jpg


201409153783.jpg


201409153790.jpg


201409155224.jpg


201409155220.jpg


201409155225.jpg


201409155229.jpg


201409155244-5255.jpg


201409155249.jpg


201409155252.jpg


201409155259.jpg

大和ミュージアム

2014/09/14

 
現地到着は午後13時過ぎでしたが
大和ミュージアムを訪ねました



201409143705.jpg
ミュージアムの入口
 
 

1階の大和広場に展示された
この10分の1戦艦「大和」は
大和ミュージアムのシンボルとして
平和の大切さと科学技術のすばらしさを
後世に語り継いでいます 



20140914IMG_3713.jpg 全長26.3mもある戦艦「大和」は
設計図や写真、潜水調査水中映像などをもとに
可能な限り詳細に再現されています



20140914IMG_3719.jpg

20140914IMG_3720.jpg
船尾にあるスクリューは
4箇所あります


 

正面の真下から見上げると
迫力があります 



201409143726-3728.jpg 屋外では数名の方が
リモコン操縦の船を楽しんでいます



201409143728.jpg
特殊潜航艇「海龍」



201409143729.jpg
零式艦上戦闘機六二型
20140914IMG_3730.jpg



201409143740.jpg


 

3階から見る「大和」 
1/10スケールの模型ですが
その大きさには圧倒されましたね~ 
20140914IMG_3744.jpg




201409143745.jpg
大和ミュージアムから見る
「鉄のくじら館」
この潜水艦は2004年まで
第5潜水隊に所属の「あきしお」です



201409143755.jpg
乗組員のベッド



201409143764.jpg
潜水艦の操舵席



201409143767.jpg
レーダー監視席



20140914IMG_3769.jpg
潜水艦見学の出口風景
プロフィール

kk1188

Author:kk1188
【  管理人 KF 】
 ブログへようこそ!
何気ない日常の出来事や
旅先で見たの風景などを
スマホやデジカメ一眼で
気ままに撮ってます。

別館で『KFの風景探訪』
https://kk1188ff.exblog.jp/
も開設しています。

なお、リンクはフリーです。
最下段のブロ友申請フォームで連絡頂いた方は相互リンクをさせていただきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR