FC2ブログ

箱根へ

2004/10/10


横浜で開催されるセミナーに夫婦で参加

その前に神奈川在住の息子と合流し
箱根に行くことにした

200410100088.jpg
山口宇部空港 ⇒ 東京羽田空港の機上から



200410100098.jpg
息子の車で箱根へ向かう
ここから渋滞



200410100103.jpg
箱根神社の鳥居付近



200410100104.jpg
このあたりでライト点灯
このあと宿に到着


翌日は横浜へ
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-802.html

関連記事

箱根から横浜へ

2004/10/11

200410110117.jpg
朝食後ホテルを出発



200410110121.jpg
車に乗り込み



200410110123.jpg
箱根神社へ



200410110124.jpg
御神木の「安産杉」
かの北条政子もこの御神木に祈願し
源頼朝との間に二人の子供を授かったと伝わる



CIMG0127.jpg 
鳥居の奥にも大きな杉が並ぶ



200410110128.jpg
鳥居から長い階段に向かう



CIMG0130.jpg
箱根神社の本殿に参拝



200410110134.jpg
九頭龍神社新宮にも参拝



200410110142.jpg
箱根関所跡へ
まだ工事中が多かった



200410110148.jpg
関所に務める当時の武士の姿を人形で再現


箱根の観光を終え、横浜に向かう



200410110158.jpg
以前から気になっていたラーメン博物館
全国の有名店が集まる地下空間で
入口から長蛇の行列だったが
何とか話題の店で食べることができました



200410110176.jpg
今夜の宿は正面のホテルです

翌日はみなとみらいへ
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-803.html

関連記事

横浜みなとみらいの光景

2004/10/12


本日はセミナー当日だが開始時刻は13時から

それまでの時間は
みなとみらいの散策でした



200410120186.jpg 
横浜ランドマークタワーへ
高さ273m全体をフレームに納めるには
相当離れた位置からになる



200410120193.jpg
ステンレス製の未来的なオブジェ


ランドマークに着き2階ロビーから
日本最高速のエレベーターに乗り約40秒で
69階の展望フロアーに到着する

200410120197.jpg
日本丸メモリアルパーク


200410120202.jpg


200410120205.jpg
手前はセミナーが開催されるホテル


セミナーは13時から17時まで開催され
夕食・懇親会の後に解散となった



200410120206.jpg
大観覧車からみた横浜コスモワールド





以下は宿泊ホテルの窓から見る夜景

200410120207.jpg

200410120214.jpg

200410120215.jpg

200410120218.jpg


翌日、帰路の風景
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-804.html



関連記事

横浜から帰路・富士山を眼下に

2004/10/13



200410130223.jpg
翌朝、ホテルの窓から見るランドマークタワー



200410130228.jpg
東京羽田空港 ⇒ 山口宇部空港の
機上から見る富士山



200410130232.jpg
日没後、マジックアワーが見られた
関連記事

立花山

2004/10/17

200410170242.jpg
登山口にある大きな教示版
駐車場は右の坂下にあります



200410170250.jpg
案内標識どおりの舗装道が終り
ここから先が細い登山道



200410170259.jpg
杉林を抜けて



200410170264.jpg
楠の大木横を通過



200410170270.jpg
苔が生えた一枚岩



200410170278.jpg
二本並んだ夫婦杉



200410170281.jpg
山頂に到着し、先端から福岡の市街地を望む



200410170282.jpg
広い山頂には木陰もあり多くの登山者が休憩中
我々もここで昼食と休憩をとる



200410170290.jpg
食事と休憩した後、三日月山へ向かう



200410170292.jpg
これでもなだらかコースです



200410170297.jpg
大木の間を通り抜け



200410170309.jpg
三日月山への最後の登り坂



200410170314.jpg
後方に立花山が見える三日月山の山頂広場で



200410170323.jpg
下山道で見る「立花大楠」



200410170329.jpg
麓の集落が見えると間もなく登山口に着く
関連記事

湧蓋山へ

2004/10/24

本日の目的は
久住山や扇ヶ鼻に登ると
西北方向に見える秀麗な独立峰
湧蓋山(1500m)
別名を玖珠富士ともいわれている


10240354.jpg 
北九州を5時30分に出発
九州自動車道鳥栖JCから大分自動車道へ
6時50分に甘木付近で見る朝日



10240364.jpg
九重ICを出て筋湯温泉に向かう
途中で眺める湧蓋山



10240368.jpg
筋湯の駐車場は8時30分に到着
登山口は正面の橋を渡り
ひぜん湯の建物を通り抜ける



10240370.jpg 
ひぜん湯の裏山は湿って滑りやすい



10240375.jpg
まもなくコンクリートの道に出るが
クマザサの踏み跡を直進する



10240392.jpg
まもなく目指す湧蓋山が見えてくる

このあと牧草地のバリケード沿いを進み
途中からヒノキの間を抜ける

10240411.jpg
やがて湧蓋越えの砂利道に出て
湧蓋山への分岐となる
ここから右へ



10240415.jpg
雑木林を抜けると
枠蓋山手前の女岳への直登となる



10240425.jpg
10時30分、ようやく女岳ピークに到着
ここで小休止



10240434.jpg
女岳から吊り尾根を辿り
いよいよ山頂へ最後の登りになる



10240436.jpg
山頂間近で後方の吊り尾根を振り返る



10240437.jpg
10時50分
湧蓋山の山頂に到着



10240460.jpg
山頂標識を探したが見当たらない
奥に祀られた祠で下山時の安全を祈願



10240443.jpg 
山頂の一角で昼食と休憩



10240449-452.jpg
雲でよく見えないが九重連山の遠望です



10240461.jpg
12時20分
下山開始



10240481.jpg
登りは辛かった女岳も
下りは楽々です



10240486.jpg
リンドウも咲いてます



10240512.jpg
正面に黒岩山を見ながら
麓の筋湯温泉へ

14時17分
登山口のひぜん湯温泉にに下山した


10240525.jpg
帰る前に筋湯で一番有名な温泉
「うたせ湯」で汗を流した



10240532.jpg
17時16分
今朝は朝日を見たあたりで
今度は夕日を眺めつつ
北九州へ帰った
関連記事
QRコード
QR
管理人のプロフィール

 K F

Author: K F
  管理人 KF
 ブログへようこそ (^O^)
自己満足の写真ばかりですが
お気軽に覗いてください。

別館の 「KFの風景探訪」も
リンク先に入れています.
時間がある方はご覧下さい.

なお、リンクはフリーです。
相互リンクも歓迎ですので
右最下欄でご一報ください。

2000年4月~月別アーカイブ
フリーエリア
2000年4月~訪問者数
最 新 アップロード記事
最 新 の コ メ ン ト
ブログ内 記事 検索フォーム
県別・その他のカテゴリー
よく訪問している リンク先
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる