FC2ブログ

牛斬山

2005/02/27

ガイドブック「福岡県の山」で調べると
気持ちの良い稜線歩きができる山
「牛斬山」(580m)がある

今回は採銅所駅~山頂~五特越峠~採銅所駅を周回する




02271391.jpg
JR日田彦山線の採銅所駅横に
車を停めようとしたところ
「無断駐車は1万円頂きます」
と書いてある
無人駅なのに誰に頼めば・・・・
と悩んでいると
「休日はガラ空きだから、ケチなJRの
看板など気にせんでよか」
と、ご近所の方から言葉をかけられた
また、その方は若い時に牛斬山周辺の
杉を植林したことがあるそうで
登山口までの道も教えていただいた




02271393.jpg
9時40分
駅から歩き始める
踏切を渡って右に進み
途中から左の集落のなかへ



02271395.jpg
集落を抜け砂防ダムを過ぎると
「牛斬山」の表示がある



02271403.jpg
10時30分
竹林や荒れた杉林を抜けると
山頂まで1000mの表示に着く



02271413.jpg
頂上まで300m


02271416.jpg
このあたりは足元に霜柱がある



02271417.jpg
山頂まで200m
前方に空が見えてきた



02271419.jpg
木立をぬけ尾根に出ると視界が開け
ゴルフ場か・・・? と思うような場所だ
ここから左にあとわずか 




02271430.jpg
11時10分
山頂に到着



02271439.jpg
山頂の花崗岩をテーブル替わりに昼食



北~南のパノラマ
02271422-1428.jpg
左端は北の福智山、正面は平尾台から苅田方向、右下に香春岳


南西~北西のパノラマ
02271435-1437.jpg
正面が金田町、赤池方向で右端の奥が直方市の方向
右下にこれから歩く防火帯が見えている



02271443.jpg
12時05分
稜線歩きを始める
一旦、北の福智山へ続く防火帯を北へ



02271445.jpg
この採銅所駅への分岐は直進し
少し北の「五徳峠へ」の表示から左へ



02271453.jpg 
長く伸びる防火帯を軽快に歩く
左前方に石灰岩を採取され
低くなった香春岳が見える



02271458.jpg 
見晴らしの効く稜線が終わると
両側が植林された杉に変わる



02271460.jpg 
防火帯が三叉路になり
「五徳峠」の表示を左へ向かう



02271461.jpg
正面に三の岳を見て下る



02271464.jpg
途中から赤土が出た下り坂だ



02271466.jpg
先程まで下に見ていた三の岳
見上げるようになると
暗部の五徳峠は近い



02271467.jpg
13時05分
舗装された五徳越の峠に着く



02271470.jpg
麓の集落まで舗装道路を歩く



02271482.jpg
駅の近くまで来ると
左に古宮八幡宮の前を通る
ここに参拝し、採銅所駅に到着

今回も近くの「柿下温泉」で汗を流し帰宅した
スポンサーサイト



鳥屋山

2005/02/13

あまりメジャーな山ではないが
鳥屋山(645m)へ


02131299.jpg
駐車場には昨夜の雪が残る
自分の車以外は見当たらない


 
02131298.jpg 
10時45分
登山口からキャンプ場へ向かう



02131304.jpg
キャンプ場奥の階段へ
都高院とあるのでそちらに向かう



02131305.jpg
都高院の左後方にあった
石仏の山


この先
ガイドブックによれば
急峻な岩場に鎖場がある男道は右へ
谷沿いでつづら折りの女道は左へ
となっている



02131308.jpg
岩場は滑りそうなので女道へ



02131315.jpg
杉林や竹林の間をつづら折り
4号目を過ぎたあたりで
木漏れ日が差してくる



02131318.jpg
11時25分
6号目に到着

ここから8号目までは階段状の登り
 
02131322.jpg
8号目到着
ベンチがあるので小休止



02131325.jpg
8号目のすぐ先に
鎖場の直登ルートがあったが
迂回ルートで鎖場の上に



02131327.jpg
鎖場ルートと合流したあと
稜線を東へ進む



02131328.jpg
やがて正面が明るくなると
鳥居と石の祠が見えてくる



02131331.jpg
11時50分
鳥屋山山頂に到着
右にはベンチがあり見晴らしも良い
ここでゆっくり昼食と休憩



02131332.jpg
食後に南に開けた展望を楽しむ
筑紫平野が霞んでいました



  02131334.jpg
12時30分
山頂から奥の院に向かって稜線を東へ



02131336.jpg 右に大きな岩「女岩」が現れた
 鎖が取り付けてあるので岩の上に上がってみた 



02131337.jpg
岩の先端から下を覗くと足が竦む



02131337-1342.jpg
前方の風景は180度のパノラマに合成



02131355.jpg
12時50分
稜線を下った所にある
祠と石仏の並ぶ奥の院に到着
ここは展望が無かった



02131356.jpg
奥の院から山頂に戻る途中
右の後方に見えた英彦山



02131359.jpg
13時15分
山頂を後に往路を引き返し下山



02131376.jpg
14時00分
麓のキャンプ場に到着
ここでコーヒータイム



02131380.jpg
帰路、小石原から添田に下る途中
  正面に英彦山を見る


02131381.jpg
今回は「源じいの森」
で汗を流して帰宅した

十坊山

2005/02/05

今年の初登りは
背振山地の最西端にある「十坊山」とした

02051216.jpg
登山口の近くにある「まむし温泉」
ここに車を停めて
後方に見える十坊山を目指す
10時40分に出発



02051218.jpg
みかん畑の側を通り



02051219.jpg
少しずつ高度が上がると
左側にまむし温泉が見えてくる



02051221.jpg
11時05分
山頂へ3.5Kmの標識に着く
右の舗装された農道へ



02051227.jpg
11時10分
十坊山自然歩道3Kmの標識に着く
ここから右の山道へ



02051232.jpg
山道にはゴロゴロと大きな岩が



02051236.jpg
つづら折りの急斜面を上ると
木漏れ日が差す尾根に出る



02051244.jpg
尾根道を進むと傾斜もきつくなり
木の根が露出した登りとなる



02051247.jpg
やがて前方が明るくなり
倒木が目立つようになる



02051251.jpg
登りきった所にある大きな岩
周囲に高い岩も無いので
これが山頂らしい



02051254.jpg
12時05分 山頂に到着
岩の前に回ると岩の左下に山頂の三角点があった



02051258.jpg
岩の上で360度のパノラマを・・・
だが霞んでいて良く見えない
東側の「浮岳」は何とか確認できた



02051267.jpg
山頂で昼食と休憩をとり
13時00分
東の白木峠に向かって下山を始める



02051275.jpg
13時35分
何度かアップダウンを繰り返した後
白木峠に到着



02051278.jpg
峠から左に向かい県道を少し歩くと
途中で二丈町へ下る町道に別れる



02051284.jpg
町道を歩きながら
左後方を振り返ると
先程登った十坊山全体が見えた



02051285.jpg
14時40分
まむし温泉に到着
ここで汗を流してから
北九州への帰路に着いた
プロフィール

kk1188

Author:kk1188
【  管理人 KF 】
 ブログへようこそ!
何気ない日常の出来事や
旅先で見たの風景などを
スマホやデジカメ一眼で
気ままに撮ってます。

別館で『KFの風景探訪』
https://kk1188ff.exblog.jp/
も開設しています。

なお、リンクはフリーです。
最下段のブロ友申請フォームで連絡頂いた方は相互リンクをさせていただきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR