FC2ブログ

寂地山のカタクリ

2007/04/28

山口県の最高峰「寂地山」(1337m)
先日、リンク先の方から
カタクリの開花情報を頂いたので
早速見てきました

我が家を5時55分に出発



04286826.jpg
7時26分
六日市ICを出て左折

8時5分
寂地峡キャンプ場の管理事務所前に到着
そこには数代の車が停まっていたが
ここから4Kmばかり奥の
林道終点まで車で入ることにした



04286827.jpg
8時30分
林道終点に到着
帰りのことを考え方向転換をして
山側に駐車できた
ここは15台あまりで満車となるが
残りは5台ぐらいのスペースしかなくなった
県外ナンバーも多く、佐世保、福岡、北九州、広島など
カタクリの人気は大したものだ


8時40分
登山口への橋を渡ってスタートする


04286833.jpg
8時40分
右側に錦川の源流が見えてくる
しばらくはこの谷の左側を九十九折に登る



04286837.jpg
山から湧き出る清水
「延命水」の立て札があるが
生水は飲まないで通過しました



04286839.jpg
8時57分
歩き始めた林道終点と寂地山の中間点に到着
あと1Kmで山頂だ



04286840.jpg
9時11分
杉林もまばらになり
陽射しが差し込むようになった



04286844.jpg
9時20分
登山道は明るいブナ林に変わり
周囲から小鳥のさえずりが賑やかになってきた



04286845.jpg
9時25分
山頂まで残り500m
カタクリとのご対面に期待が膨らむ



04286849.jpg
9時40分
ついに第一カタクリとご対面
大きさはミニシクラメンぐらいの大きさで
高さは約10Cmぐらい
コンデジでローアングルは撮りづらいが
今回は百均で買った小さな鏡を使った
これが大当たりで
腹這いになることなく構図が決められた



04286853.jpg
尾根の分岐周辺はカタクリの群生地になっていた



04286857.jpg
少し開きかけた花



04286864.jpg
風の当たらない場所に咲いた満開の花



04286866.jpg
10時00分
山口県の最高地点で記念のショット
ここで昼食と大休止



04286892.jpg
食後は山頂周辺で撮影タイム


ひとしきり撮影したあと
尾根を分岐まで下り、分岐から南に行ってみた



04286898.jpg
こちらにも群生地があった



04286905.jpg
山頂周辺と比べると
花の色が薄いような感じだ



04286918.jpg
11時07分
登山口への分岐に向かって引き返す



04286948.jpg
11時30分
下山前にもう一枚


以下は下山途中で観た花

04286955.jpg
エンレイソウ



04286957.jpg
ミヤマカタバミ



04286969.jpg
ミツバツツジ



04286970.jpg
13時12分
錦パレスホテルに到着
立ち寄り温泉でゆっくりと汗を流し
14時10分に出発
17時前に我が家に着いた
スポンサーサイト



ワラビ採り

2007/04/25

















この季節になると、毎年のようにワラビを採りに行っている。

昨年と同じ時期に行ったのだが
今年は暖かかったせいで遅かったようだ。
摘み取った跡ばかり多く
いつもほどの収穫がなかったので、数箇所を回り
ワラビ、蕗、つわ蕗、三つ葉、ヨモギ
などの山菜も採取してきた

懐かしい風景と新緑の中で

美味しい空気を腹いっぱい味わい

夜は山菜の天ぷらで季節の味を満喫した

車を乗り換え

2007/04/14






9年間乗り回した愛車(ホンダ CRV)を

一回り小さな車(トヨタ Rush)に乗り換えた

右のCRVは、鹿児島勤務のときから
愛媛、福岡、山口と、ナンバープレートは鹿児島のまま乗り続けた。
その間、鹿児島県の海岸線を全走破や
霧島、椎葉、高千穂、阿蘇、九重等の山岳地帯走破
四国では、石鎚山、剣山の林道走破
八十八ヶ所巡礼と和歌山の高野山まで
その他にも山陽、山陰と乗り回し
数多くの思い出がある。
鹿児島ナンバーなので、道に迷っても訪ねやすかったり
時には割り込ませてもらったり・・・(^^ゞ
走行距離は97,000Km余りでエンジンも好調
まだまだ乗れる愛着の残る車だが
思い切って、少し小回りの効く車にした。

左のRushは、車高はそのままで
全長が47Cm、幅が5Cm小さくなっている。
運転席のシートは最高にすると
以前より高い位置で見晴らしがよく運転しやすい
今度は10年以上、10万Km以上乗り回すぞ~\(^o^)/

津和野散策

2007/04/14

今日は山陰の小京都
「津和野」までドライブに出かけた
車を乗り換え、初の遠乗りだ


04146743.jpg
車はJR津和野駅左側の
観光案内所に停めさせていただきました


04146746.jpg
最初に訪ねたのは米屋さん
入口には「鯉の米屋」の看板と
「ご自由に中庭の鯉をご覧下さい」と書いてある



04146747.jpg
店の方は不在だったが
遠慮なく中庭にお邪魔した
中庭の池には、大きく見事な錦鯉がいっぱいいました

このあと、商店街を進むと
両脇には造り酒屋が数軒有り
どこにも日本酒の試飲コーナーがあるが
車では飲めない・・・
横目で眺めて素通りしました



04146748.jpg
ここは、津和野カトリック教会
創立は1892年だが
家事で消失した翌年1931年に再建されている



04146749.jpg
普通の教会内部は
椅子が並んでいることが多いが
ここは珍しく畳敷きだ



04146750.jpg
ステンドグラスの外側は幼稚園になっており
園児の元気な声が聞こえていた



04146752-6753.jpg
教会の向かい側には
長いなまこ壁の土塀が続く



04146757.jpg
水路を泳ぐ鯉を見ながら散策
鯉も水面下から様子を伺っていて
餌を持たない人には見向きもしない



04146759.jpg
古い建物が
そのまま現役の町役場として使われている



04146761.jpg
津和野の祇園祭で知られた「さぎ舞」
京都から伝わった神事だそうで
等身大のブロンズ像がある



04146762.jpg
太鼓谷稲荷神社に参拝の前に
鳥居の手前にある食事処へ
津和野の食べ物は「いなずし」が有名だが
特にここが美味しいという評判だ
いつかTVの旅番組でも紹介されていたので
話のタネに食べてみることにした



04146763.jpg
これが「そばセット」 1,100円
いなり寿司は油揚げが黒くなるまで煮込んであり
なかなかの味でした



04146765.jpg
腹ごしらえも終わり
稲荷神社への参道を上がる
看板にはここから8分となっている



04146766.jpg
鮮やかな朱塗りの鳥居が並ぶ



04146769.jpg
数回の九十九折を繰り返し登る



04146770.jpg
ようやく境内に入る門が見えた




04146771.jpg
門から見える本殿



04146772.jpg
太鼓谷稲荷神社の本殿
ここは、日本五大稲荷の一つとされる



04146773.jpg
ここで、油揚げをお供えし
家内安全、交通安全、そのた諸々願望成就を祈祷した



04146778.jpg
参拝を終え、鳥居のトンネルを引き返した
下まで降りたとき
運良く「SLやまぐち号」が通りかかった



04146785.jpg
散策ルートを駅まで戻り
車で「乙女峠のマリア聖堂」へ向かった
駐車場の車を置き
右の山沿いの道を奥へ歩く



04146788.jpg
この乙女峠には廃寺光淋寺があり
長崎浦上村の切支丹信徒を改宗させるため
幕府が津和野藩に預けた信徒(153名)が収容されていた
ここでの殉死者は36名に及び
この殉教者を追悼するため
昭和26年に県立されたのが
「マリア聖堂」である



次は少し離れたところだが
奥津和野の「堀庭園」に向かった


04146799.jpg
堀家は、代々銅山の天領として栄え
明治三十三年造営の数寄屋風書院造り
の客殿と庭園が素晴らしい




04146802.jpg
客殿「楽山荘」の玄関



04146808-6810.jpg
「楽山荘」から見る庭園

たんぽぽの綿毛

2007/04/11




陽だまりに見つけたタンポポの綿毛は

暖かい空気をいっぱいに含み

新たな場所へ旅立ちの時を待っている

桜の老木

2007/04/02




40年以上も前、昼の休憩時間や仕事の後に

この桜の下でテニスやバレーボールを楽しんだものだ
当時は同じような大木が10本ぐらい並んでいた

14年ぐらい前の建物新築移転と
駐車場拡張整備計画により
全て伐採する話が持ち上がった
しかし、今は亡き当時の施設長から
「せめて1本だけでも残してほしい」
という嘆願によって難を逃れた桜である
そのおかげで、周りをアスファルトで囲まれ

決して恵まれた条件ではないのに

毎年、この季節になると存在を誇示しているようだ

プロフィール

kk1188

Author:kk1188
【  管理人 KF 】
 ブログへようこそ!
何気ない日常の出来事や
旅先で見たの風景などを
スマホやデジカメ一眼で
気ままに撮ってます。

別館で『KFの風景探訪』
https://kk1188ff.exblog.jp/
も開設しています。

なお、リンクはフリーです。
最下段のブロ友申請フォームで連絡頂いた方は相互リンクをさせていただきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR