FC2ブログ

センニチコウ

2008/10/05



IMG 77

家内がドライフラワー用に育てたものです



関連記事

七色唐辛子

2008/10/11



IMG 78

唐辛子の色は少しずつ変わってます



関連記事

コスモス

2008/10/12



近所の道路際のコスモスが見頃になっている

普段は車で通り過ぎるだけだが

ちょっと歩いて写してきた

畑一面のコスモス・・・・・とまで広くないので

アングルもついつい花のアップになる

パラボラアンテナのように広がった花びらが

秋の陽射しをいっぱいに浴びて光り

小さな蝶を呼び寄せていた

関連記事

九重・大船山の紅葉を求めて

2008/10/22

大船山は、1987/06/14 に
ミヤマキリシマ鑑賞で登ったが
そのときは小雨で
段原まで登ったものの
大船山の山頂は諦め引き返した

本日の九重は曇り予報だが
とりあえず再チャレンジしよう

自宅を4時に出発
長者原の宿泊予定した宿を目指す

10229687.jpg
6時15分
大分自動車道の玖珠PAに到着
ここで朝食と休憩のあと
6時30分
本日の晴天を期待し出発する



10229690.jpg
7時45分
宿泊予約した九重観光ホテルで
弁当を受け取る
今回は登山弁当付きの
登山応援パックで予約していた
このパックには登山口までの
送迎サービスも含まれているが
長者原駐車場に余裕があるので
今回はマイカーで向かった



10229694.jpg
8時00分
長者原駐車場に車を置き
タデ原湿原の木道を
三俣山方向に進む



10229696.jpg
8時07分
途中で雨ヶ池への分岐を
左に別れ砂利道になる



10229706.jpg
8時52分
最初はなだらかだった道も
少しずつ勾配が増す



10229708.jpg
8時59分
谷の右側を登っていた道が
左側に変わり
前方には三俣山北峰が見える



10229713.jpg
9時07分
足元の紅葉を踏みしめて
雨ヶ池を目指す



10229717.jpg
9時18分
峠を越えて雨ヶ池への下り
後方には三俣山北峰が見えるが
こちら側は崩落が進んでいる



10229719.jpg
9時22分
雨ヶ池に到着
「雨ヶ池」の名前は
雨の時期には水が溜まり
池のようになるところから
ついた名前のようだが
今は乾燥して地面が歩ける

前方には平治岳が見えてきた



10229722.jpg
9時32分
右の下方に坊ガつるのススキ原
あそこまで下り
前方奥の大船山に登ります



10229725-9726.jpg
9時55分
前方の視界が開け
坊ガつるのススキ原が広がり
左に平治岳と右に大船山を望む



10229728.jpg
10時02分
途中で吉部登山口に出て
法華院温泉方向に歩くと
この標識があり
ここから左に進む



10229733.jpg
ススキ原の中を南に歩く



10229734.jpg
やがて坊ガつるを流れる
玖珠川を渡る
この源流は後方の大船山の麓だ



10229737.jpg
10時12分
坊ガつるキャンプ場に着く
ここは久住山群の中央に位置し
ベース基地には最適の場所だ
大船山には右の奥へ進む



10229743.jpg
10時20分
ここから大船山へ登る



10229748.jpg
頭上と足元の紅葉を見ながら



10229753.jpg
11時27分
後方を振り返ると
三俣山にガスがかかってきた



10229754.jpg
11時39分
右前方に山頂が見えるはずだが
吹き上がる霧で全く見えない



10229756.jpg
11時40分
段原に到着したが
山頂は相変わらず霧の中
ここで昼食と休憩をとり
霧の晴れるのを待つ
山頂から下山する人の話では
「御池の紅葉が見事だった」
とのことだ



10229758.jpg
12時00分
少し霧が晴れてきて
北側のピークも見えだした



10229757.jpg
南を見ると山頂も見える
いよいよ待望の山頂へ向かう



10229759.jpg
12時07分
大きな岩の下を右に回り込む



10229766.jpg
12時14分
だんだんと勾配がきつくなる



10229770.jpg
12時21分
しばらく立ち止まり
晴れ間の一瞬に撮る下方の紅葉



10229771.jpg
やっと撮れた山頂直下の紅葉



10229777.jpg
12時30分
大船山(1786m)の山頂に着いた
ここは久住山群が一望できる
はずだが・・・・
ガスが立ち込め視界はゼロ
この状況では
御池の紅葉も無理かな~
でも、とりあえず行ってみよう



10229781.jpg
御池には山頂の東から
急坂を下る
濃霧の中を踏み跡を辿って
時計回りに池のほとりに出る
水辺には先着の数名が休憩中で
シャッターチャンスを
辛抱強く待っているそうだ

自分も10分近く待っていると
少し霧が薄れてきた

10229784.jpg
13時00分
何とか対岸の岩山と
紅葉らしき雰囲気が撮れたが
これ以後、霧が小雨に変わり
粒が大きくなってきた

すぐに雨具を着用し
山頂に引き返す

10229785.jpg
13時12分
山頂から下山開始
前方も雨で霞む
ここから先は撮影も止めて
ひたすら下山する



10229790.jpg
14時08分
段原と坊ガつるの間で雨が止む
ここで小休止
このあたりはゴロ石の下山道
これが雨で滑り
結構歩きにくい



10229792.jpg
登りよりも下りは慎重に



10229794.jpg
14時43分
木々の間からススキ原が見える



10229795.jpg
14時47分
坊ガつるに出る



10229800.jpg
15時03分
ここを三俣山の右麓へ向かう



10229809.jpg
15時45分
雨ガ池の全体を見渡す
長者原へは左の奥に進む



10229810.jpg
15時50分
三俣山北峰を正面に見て
右の峠を越えると長者原だ



10229812.jpg
16時55分
タデ原湿原の分岐に着く



10229815.jpg
17時00分
長者原駐車場に到着
朝8時に出発し
休憩・食事・撮影時間を含めて
約9時間の行程だった

このあと、予約の宿に直行
下山後の温泉は最高で
風呂上がりのビールも格別に美味い!

10239822.jpg
翌朝
7時16分
宿の窓から見る由布岳の遠望

帰路は、瀬の本高原~ガンジーファーム
~長湯温泉~白水鉱泉~吉部登山口の下見
と、久住山群を一周して帰宅した
関連記事

山帰来

2008/10/29



毎月受診している病院の定期検査の数値が

先月あたりから上昇傾向となった

担当の先生からも食後の運動を

薦められてはいたのだが

ついつい怠けていたのだ

しかし、それがそのまま数値に

現れてきたからには本気でやらなければ・・


ということで先日歩いた近くの公園に行き

1時間あまり心地よい汗をかいてきた

ウオーキングコースの周りには

季節を感じる木の実や紅葉があり

ここしばらくは楽しく続けられそうだ

問題は寒くなってからだな~

関連記事
QRコード
QR
管理人のプロフィール

 K F

Author: K F
  管理人 KF
 ブログへようこそ (^O^)
自己満足の写真ばかりですが
お気軽に覗いてください。

別館の 「KFの風景探訪」も
リンク先に入れています.
時間がある方はご覧下さい.

なお、リンクはフリーです。
相互リンクも歓迎ですので
右最下欄でご一報ください。

2000年4月~月別アーカイブ
フリーエリア
2000年4月~訪問者数
最 新 アップロード記事
最 新 の コ メ ン ト
ブログ内 記事 検索フォーム
県別・その他のカテゴリー
よく訪問している リンク先
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる