FC2ブログ

スカシユリ

2009/06/11




このあたりも昨日から梅雨入り

久しぶりにまとまった雨が降った

とは言っても

今日は朝から晴れ! \(^o^)/

我が家で今一番

華やかで見頃を迎えた花は

2年目となる鉢植えの

スカシユリである

オレンジ色が少し早く咲き始め

ようやく黄色が咲いたので

並べて写しました

スポンサーサイト



関連記事

刈谷SAで見る夜の観覧車

2009/06/19



ETCの高速休日割引を利用し

息子の住む厚木まで行くことにした

カーナビでルートを検索してみると

行程は、山陽自動車道→山口宇部自動車道→

山陽自動車道→広島岩国道路→

山陽自動車道→中国自動車道→

名神高速道路→新名神高速道路→

東名阪自動車道→伊勢湾岸自動車道→

東名高速道路→小田原厚木道路→

厚木の目的地となり

距離は932.1Km(約12時間)である


ということは、金曜日に出発して

途中の眠くなった所で車中泊し

土曜日の朝になって厚木ICを出ればよい


ということで、6月19日(金)
午前9時に我が家を出発した
今回は時間的にノープランなので
途中にある全部のSAに立ち寄り
其々の名産など食べたり飲んだり・・・・
平日とあって渋滞も無くのんびりと走れた




18時ごろに大津SAから

遠くに霞んだ琵琶湖を望む

この先、伊勢湾岸自動車道を過ぎ

夕食にしようと寄った

刈谷PAが大正解だった
ここはハイウエイオアシスで

レストラン、コンビニ

23時まで入浴できる温泉もあり

車中泊に最適な場所だった




夕食後、温泉施設に向かう途中

大きな観覧車を写す
温泉は800円で

露天風呂もあり大満足

風呂上りはサッパリして

今夜はここで車中泊とした



翌日の足柄SAへ

https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-686.html


関連記事

足柄SAから見える富士山

2009/06/20


刈谷SAの夜明け

午前4時40分

辺りが少しずつ明るくなってきた




ここから厚木まで約3時間30分

直行すれば8時過ぎには到着だが・・・・



急ぐ旅でもないので
SAには立ち寄って行く
浜名湖SAでは早朝の散策で体をほぐし





足柄SAからは

雲の上に頭を出した富士山を望み
空いたペットボトルに富士の名水を汲む


最後に出る厚木ICで
高速料金標示は2、100円
昨日通過した山陽自動車道山口宇部
料金所の600円と合わせても
2,700円である

通常は、19,250円だから
ちょっと得した気分になれる
午前9時ごろ、我が家を出発して
からちょうど24時間
ようやく厚木の息子のところに到着した

これから6月28日の日曜日まで

一週間、ここに滞在し

横浜、鎌倉、日光などに行ってみたい

関連記事

雨の鎌倉

2009/06/21

ETCの休日割引を利用し
6月19日(金)に山口を出発
10泊11日で関東の車旅に出た
宿は厚木に住む息子の家に
滞在させてもらい
今日は、鎌倉を訪ねてきた


200906211028.jpg
最初に向かったのは鶴岡八幡宮
生憎の雨となったが
それも風情と思うことにした



200906211036.jpg
手水舎で身を清め
大石段を本宮(上宮)へ



200906211039.jpg
大石段の上で見上げる
八幡宮の額
八の字は、二羽の鳩が向かい合った形
鳩は八幡宮の使いだといわれとぃる



200906211047.jpg
本宮で参拝し
左側の宝物殿へ
中には八幡宮の御神宝が陳列
されているが、撮影は禁止
写真の建物は
宝物殿を出たあと
本宮の左側側面を撮ったものです

この後、おみくじを引いたが
自分が「凶」、家内が「大凶」、息子が「小吉」
ここは特別に「凶」が多いのか
周りでもあちこちから
「凶が出た!」と聞こえていた



200906211052.jpg
まあこれからは
運が上向いてくるだけだ・・・
気持ちを切り替え
若宮大路を散策する



200906211053.jpg
本日の昼食は
鎌倉名物「シラス丼」
さっぱりとした淡白な味わいでした



200906211054.jpg
こちらは別注文の
「シラスピザ」
自分の好みでは
丼よりもこちらの方が良かったな~



200906211058.jpg
食後は紫陽花が見たいので
東慶寺に向かった
ところが周囲の駐車場は
満車で渋滞もしている
そこで目的地を
鎌倉大仏に変更し
そのまま通過
住宅街の細い道を通り抜け
大仏近くまで行ったものの
ここでも満車だった
やはりおみくじは当たっていたようだ
(-_-;)



200906211059.jpg
今日は諦めて
行き先を江ノ島に変更した
途中、紫陽花の坂で有名な
「成就院」の下を通りかかると
参道の坂は人が溢れていた



200906211064.jpg
江ノ島に渡ると
こちらの駐車場は
若干の余裕があった
駐車場から人の流れに続いていくと
青銅の鳥居前につく
奥は土産物店が並ぶ
江島神社の参道である



200906211067.jpg
参道の奥には赤い鳥居
石段の上は江島神社の
「瑞心門」
龍宮城を模した楼門が見えます
江島神社には3箇所のお宮があります



200906211076.jpg
一番左奥の八坂神社は
弁財天が祀られているそうで
お賽銭箱も巾着の形
いかにもお金が貯まりそうですね~



200906211080.jpg
更に坂を上がると展望台で
下には江ノ島ヨットハーバーが見えます
この天候では
ほとんどの船が停泊してました



200906211084.jpg
江ノ島で一番高い場所
江ノ電ガーデンパークで休憩
正面に江ノ島灯台が霞んで上まで見えない

本日の観光はここまで
明日の天候はどうかな~


翌日の鎌倉観光
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-970.html

関連記事

鎌倉で紫陽花鑑賞

2009/06/22



今日は滞在先の厚木から
紫陽花鑑賞を目的に
自分の車で鎌倉に向かった

昨日は大仏から長谷寺までの
全ての駐車場が満車で
入口付近は渋滞していたが
今日は長谷駅の近くで
幸運にも1台分の空きがあり
駐車できた

ここからは
歩いて観光です

まずは事前に調べておいた
「成就院」へ



200906221084.jpg
「成就院」
ここでは門前から見る
紫陽花と由比ガ浜の光景が
観光案内にも掲載されている



200906221085.jpg
参道の石段を上に
昨日、下の道を通った時
この参道は観光客で一杯だったが
今日はそれほどでもない



200906221087.jpg
門を過ぎると
両脇に紫陽花がびっしりと咲き
山側からは覆いかぶさる
参道の奥からは
人の流れと一体になり上がる



200906221092.jpg
順路は、本堂の前庭を回るが
紫陽花は期待ハズレだった
まあ拝観料は無料なので・・・



200906221095.jpg
帰りに参道を下る
このアングルがネット等で
よく見かける光景だ
晴れていれば由比ガ浜まで見えるのだろう
残念・・・(-_-;)



200906221099.jpg
坂の下には
観光客目当ての人力車が待機
だが、散策が目的なので
歩いて長谷寺に向かう


20090622CIMG1101.jpg
途中にある御霊神社に参拝



200906221104.jpg
神社の境内で見た
白い紫陽花



200906221109.jpg
長谷駅を通りかかると
カラフルな江ノ電が停車中
改札口の手前から
写真だけ撮りました



200906221111.jpg
本日のメインの目的地
「長谷寺」
やはり紫陽花の時期は
平日であっても観光客は多い



200906221112.jpg
入山券(一人300円)納め
中に入ると境内の一角で
円形の団扇が配られていた
直径20Cmで、表には寺に咲く紫陽花
裏側には長谷地区の観光マップが
描かれていた



200906221120.jpg
境内で一番大きな観音堂
お堂の中にはご本尊の
十一面観音像がある



200906221123.jpg
境内の山側にある
眺望散策路へ



200906221124.jpg
散策路は経蔵の裏山になり
ここから見る紫陽花は
青い花が目立つ



200906221132.jpg
散策路を奥まで進むと
斜面をつづら折りに下る
このあたりから雨が降り始めた



200906221135.jpg
下方に経蔵の屋根と竹林
観光客の傘も
紫陽花色かな~



200906221137.jpg
斜面を埋め尽くす紫陽花



200906221142.jpg
経蔵から見る一面の紫陽花


次は鎌倉大仏に向かった



200906221144.jpg
長谷寺から5分ぐらい歩くと
鎌倉大仏の
仁王門前の参道に到着

ここは高校の修学旅行で訪れているが
なにしろ45年近く前のことで
参道を通った記憶がない



200906221145.jpg
左側の仁王像



200906221146.jpg
右側の仁王像



200906221147.jpg
境内に入ると
奥に大仏様の坐像が見える
そういえば、卒業アルバムに
大仏様の前で撮った集合写真がある



200906221150.jpg
多分、この辺りで撮ったのだろう
今日も修学旅行生らしい若者が
あちこちでスナップを摂っていた



200906221155.jpg
大仏様の背後に回ってみると
背中に二つの窓があり
仏像胎内の明り取りになっていた



200906221160.jpg
胎内は拝観料20円で入れた
内側から見ると
何枚もの銅板を継ぎ合わせ
作られたことが良くわかる
修学旅行では
胎内に入った記憶はない



200906221158.jpg
胎内にあった説明



200906221164.jpg
この境内も紫陽花が多かった
本日最後の一枚


昨日と今日の二日間にわたって
鎌倉散策をしたが
遠い昔の思い出も蘇り
一番見頃の紫陽花も堪能し
また、新たな思い出ができました
関連記事

日光東照宮

2009/06/24

厚木に滞在してから5日目
今日から1泊2日の予定で
日光を尋ねることにした

厚木ICを9時頃に出発
ナビの予定では、東名高速⇒首都高速⇒
東北自動車道⇒日光宇都宮道路で
12時頃に東照宮に到着予定だった

ところが、首都高速の用賀料金所付近から
東北自動車道の浦和料金所の手前まで
約40Kmにわたる大渋滞にはまり
ノロノロ運転を強いられた
私は初めての首都高速運転とあって
息子は、車線変更など大丈夫?
と心配してくれていたが
分岐点でも緊張するほどの
速度は出せず
難なく通過することができた
東北道に入ってからは
心配していた雨も上がり
東照宮に到着した頃には
すっかり晴れてきた

予定より2時間遅れ
14時の到着だが
東照宮をじっくり観光した


20090624CIMG1173.jpg
葵の紋が目立つ石碑の前で



200906241175.jpg
五重塔【重文】と新緑のモミジ



20090624CIMG1177.jpg
拝観受付を済ませ
右の表門【重文】から入る



200906241180.jpg
三神庫【重文】を右に見て奥へ
正面には御水舎【重文】が見えます



200906241182.jpg
御水舎の手前左側に
神厩舎【重文】があります
ここは神馬をつなぐ厩舎で
三猿で知られています
建物の周囲に
人間の一生が風刺された
猿で表されているそうです



200906241183.jpg
これが有名な
見ざる・言わざる・聞かざる
右からの順ですね~



200906241187.jpg
輪蔵前の苔むす石灯籠
一段上の本地堂と鼓櫓を見る



200906241189.jpg
「陽明門」【重文】
日本を代表する門で
別名を「日暮の門」とも呼ばれる




200906241191.jpg
門には故事逸話や
子供の遊び聖人賢人など
500以上の彫刻がある



200906241192.jpg
回廊【国宝】
陽明門の左右に伸びる建物
我が国最大級の花鳥の彫刻が
極彩色に彩られています



200906241194.jpg
陽明門の組木を拡大

このあと
唐門~本殿は工事中のため
残念ながら画像はありません

そのまま奥宮に向かいました



20090624CIMG1198.jpg
奥宮に行くには坂下門を通ります
左甚五郎作と伝わる
「眠り猫」【国宝】
牡丹の花に囲まれうたた寝してます



200906241200.jpg
坂下門の奥は
奥宮に続く石の階段



200906241204.jpg
奥宮の御宝塔
家康公の柩が収められています



200906241210.jpg
奥宮から帰路
坂下門を上から見る



200906241212.jpg
陽明門の西側は
午後の陽射しに映えて
より一層豪華に見えます



200906241213.jpg
細かな彫刻を見ていると
本当に日が暮れてしまいそうです

しかし、今日の宿は
中禅寺湖の近くなので
先を急ぎました



200906241232.jpg
宿泊のホテルで
夕焼けを眺めながら夕食

翌日は、中禅寺湖畔の
クリンソウを鑑賞し
戦場ヶ原散を策予定ですが
晴れるといいな~

翌日のクリンソウ鑑賞
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-972.html

関連記事

中禅寺湖~戦場ヶ原

2009/06/25

日光の二日目は
中禅寺湖畔の千手ヶ浜で
クリンソウを鑑賞し
戦場ヶ原の散策
最後は湯滝を見て
関越道経由で厚木に帰ります


20090625CIMG1233.jpg
戦場ヶ原に向かう途中で
龍頭ノ滝に寄りました
新緑が綺麗でしたね~

クリンソウの咲く千手ヶ浜は
中禅寺湖の対岸で
自然保護のためマイカーは
乗り入れ禁止で
戦場ヶ原入口の赤村から
専用のハイブリッドバスで向かいます
バスは30分ごとに運行され
9時00分発の便に乗れり出発


200906251235.jpg
バス路線の入口は
通常は閉鎖されていますが
運転手のリモコン操作で開閉される



200906251236.jpg
ほぼ満席の車内
ほとんどが同年代でした



200906251237.jpg
終点の千手ヶ浜バス停付近
初対面のクリンソウです



200906251239.jpg
こちらは中禅寺湖の手前



200906251243.jpg
群生地は網で保護され
近づけないが
この花は網の近くで咲いました



200906251246.jpg
中善寺湖畔に出て
男体山を望む



200906251254.jpg
左に中禅寺湖を見ながら
遊歩道を進む



200906251255.jpg
湿地の近くや奥に
可憐な花の姿が見えます



200906251271.jpg
湿地周辺の風景
200906251272.jpg



200906251281-1283.jpg
水辺に沿って群生している


200906251284.jpg




200906251286.jpg
橋を渡って引き返す

渡って少し歩き
西ノ湖に向かう遊歩道を左に入る


200906251291.jpg
木陰の道を西ノ湖の方へ



200906251297.jpg
途中、西ノ湖への分岐があったが
先を急ぐので
バス停を目指す



200906251300.jpg
この橋を渡ると
西ノ湖入口バス停に出る

11時20分
千手ヶ浜から赤沼に戻るバスに乗る



200906251308.jpg
バスの車窓から見る
小田代原


このあと赤沼に戻り



20090625CIMG1312.jpg
12時05分
赤沼茶屋の前から
戦場ヶ原の散策に向かう



200906251313.jpg
国道120号線を横切り
自然研究路に入る



200906251323.jpg
遊歩道は右側通行で



200906251324.jpg
湯滝からの流れに沿って遡上
途中、流れの近くを通る



200906251334-1335.jpg
12時30分
戦場ヶ原のほぼ中央まで来た



200906251336-1338.jpg
上の風景の右側方向を見る



200906251333.jpg
上の写真右端に写る
説明板

ここから赤沼に引き返し



200906251344.jpg
13時00分
三本松茶屋で昼食

昼食を済ませ
湯ノ湖に向かう



200906251347-1349.jpg
13時50分
湯ノ湖の湖畔にて



200906251350.jpg
湯ノ湖から流れ出る湯滝を
上から覗いてみた



200906251353.jpg
湯滝の横を
遊歩道で滝の下に向かう



200906251357.jpg
滝の下から見る
湯滝の全景
高さ70メートル、長さ110メートル
見ごたえのある滝でした
関連記事

富士川SAにて

2009/06/28




6月20日(日)から28日(日)まで

厚木に滞在し、雨の鎌倉散策で2日間

日光東照宮へ奥日光のトレッキングで2日間

そして横浜の「海のエジプト展」と

充分に関東の旅を堪能した
帰路もETCの割引をフル活用で

28日(日)の16時に

厚木ICから入った
厚木ICから東名高速に

合流するまで渋滞で40分を要した




それからは順調に流れ
18時に富士川SAに到着




そこで富士宮やきそばを食べながら
富士山の雲が晴れるのを待った




しかし、なかなか晴れず
辺りが暗くなってきたため
18時40分に出発する




今夜も往路で利用した

刈谷ハイウエイオアシスで車中泊

ここは、2回目で温泉にもゆっくり入り

今夜は熟睡できた


翌日、10日ぶりに我が家へ

https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-684.html

関連記事

10日ぶり・・・

2009/06/29







29日の朝は刈谷ハイウエイオアシスで

朝食後7時40分に出発

8時ごろ伊勢湾岸道路を走っていると

長男からメールが入り

1ヶ月前からインドに出張中していたが

今朝、成田に到着したとのこと


新型インフルエンザの検査も

無事通過したらしく、ホッと一息

そのあと、新名神高速道路の

土山SAで給油と昼食用の

「柿の葉寿司」を買い求め

12時には山陽自動車道の吉備SAで

「まつり寿司」を買って、昼食と休憩をとる

広島を通過する頃から雨になり

山口に近づくほどひどくなってきたが

無事に17時過ぎに家の近くのICから出て

行きつけのスーパーマーケットへ

カミサンが買い物をしている間に

雨はバケツをひっくり返したような土砂降りとなった

17時30分には11日ぶりに我が家に到着

出発した10日前の19日には

まだ小さな実ができたばかりだったキュウリも

留守の間にヘチマのように巨大化していた

明日は、トマトの脇芽を取ったり

支柱を補強したりと、忙しくなりそうだ

関連記事
QRコード
QR
管理人のプロフィール

 K F

Author: K F
  管理人 KF
 ブログへようこそ (^O^)
自己満足の写真ばかりですが
お気軽に覗いてください。

別館の 「KFの風景探訪」も
リンク先に入れています.
時間がある方はご覧下さい.

なお、リンクはフリーです。
相互リンクも歓迎ですので
右最下欄でご一報ください。

2000年4月~月別アーカイブ
フリーエリア
2000年4月~訪問者数
最 新 アップロード記事
最 新 の コ メ ン ト
ブログ内 記事 検索フォーム
県別・その他のカテゴリー
よく訪問している リンク先
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる