FC2ブログ

如意ヶ岳

2009/09/14

今日は秋吉台の北西に位置する
如意ヶ岳(545.4m)
に行ってきました
標高は低いものの
我が市の水道の元
厚東川の水源涵養林になっています


200909141715.jpg
剣道36号線を北上し
標識に従い右折すると
正面に鳥居が見えてくる
如意ヶ岳への標識は鳥居の前を
右に向かっているが
まずは神社で安全登山の祈願する



200909141719.jpg
神社は「嘉万日吉神社」
境内には、牛と馬の石像があった
どちらもほぼ等身大の大きさで
この地区の農耕に欠かせない
家畜だったことが想像できる
また
普通は狛犬が有る所に
猿の石像が一対
日吉神社たる所以だろう
写真は左側のもので
御幣を持った形だ



200909141721.jpg
神社から5分ぐらい進むと
駐車場に到着
10台ぐらい停められるが
他に車はいなかった



200909141728.jpg
10時50分
登山口の標識から登る



200909141729.jpg
看板には
埋蔵金伝説の・・・
と書いてあるが
これまで埋蔵金の話は聞いたことがない



200909141730.jpg
登山口から少し上は
苔むした杉の林となる



200909141731.jpg
谷を詰めていくと
流れが清水に変わってきた
この湧水も香東川源流の一つとなるのだろう



200909141735.jpg
登山道は谷から尾根になる
しばらく登ると目の前が明るくなってくる



200909141736.jpg
そこは中国電力送電線の
鉄塔の下になり
通り抜けて右上に上がっていく



200909141741.jpg
鉄塔から先は
階段状の道を登る

この先、アップダウンを
2語ばかり繰り返すと



200909141750.jpg
紅白に塗られた送電線鉄塔につく
ここまでは中国電力が
鉄塔管理のため
蜜は整備されているが
ここから山頂には
踏み跡を辿り正面の潅木の中へ



200909141756.jpg
潅木の中を数分進むと
大きな岩の前に出る
この岩の右側から
岩の上に出ると山頂です



200909141759.jpg
11時38分
如意ヶ岳(545.4m)
国土地理院の測量点に到着
周辺は背丈ほどのススキが茂り
座る場所もない



200909141760.jpg
石造りの祠も草に囲まれている



200909141761.jpg
山頂の南端にある岩の上で
記念のショット



200909141762-1764.jpg
左遠方に秋吉台
右の下方は嘉万の町並み
この風景を眺めて昼食

下山は往路を引き返した



200909141787.jpg
下山後に県道31号線から見た
如意ヶ岳
関連記事

永平寺~兼六園

2009/09/24

9月23日から9月27日まで
4泊5日の車旅に出た

行き先は、福井県の永平寺を皮切りに
石川県の能登半島~岐阜県の五箇山・白川郷
最後は白山スーパー林道の山岳ドライブだ

23日は、自宅を9時に出発
山陽自動車道~名神高速道路で
17時頃多賀SAで入浴と休憩
その後北陸自動車道に入り
南条SAで夕食を済ませ
そこで車中泊とした


200909241792.jpg
南条SAで24日の朝
7時50分
朝食後の光景
雲一つない快晴で
絶好の行楽日和となった
北陸自動車道は福井北ICで出る
料金は休日特割で2,100円
通常は14,450円だから
やはりお得ですね~



20090924CIMG1795.jpg
8時40分
最初の目的地
曹洞宗大本山「永平寺」に到着



200909241797.jpg
平日のこの時間は
参拝者も見当たらず
参道は静けさが漂っている



200909241801.jpg
通用門から入る前に
参道の奥に見える唐門(勅使門)へ
ここは石段の前に柵があり
下から見上げるだけでした



200909241812.jpg
参拝者は通用門から入り
吉祥閣で修行僧から
永平寺の由来や参拝時の注意など
説明がありました
写真撮影はどこでもOK
しかし修行僧は写さないことと
松傘閣の絵天井は
ストロボ撮影は不可など
説明を聞いた
その後は
建物(伽藍)を自由に拝観できます
回廊は修行僧によって
毎日磨かれており
埃ひとつ見当たらない



200909241816.jpg
伽藍の高い場所で一番奥
「法堂」
あさのお勤めなども
ここで行われます



200909241830.jpg
ここは修行僧の浴室です
入浴は作法に従って厳粛に行われ
水を大切に扱い、心身を清浄にする
大切な修行となっているそうだ
建物の内部は
見られませんでした



20090924CIMG1834.jpg
石段の上まで伸びた
苔むした大杉の根っこ



200909241831.jpg
山門の中から見上げる
「承陽殿」
永平寺の御開山道元膳師の御真廟
いわばお墓だそうです



200909241838.jpg
参拝を終えて
少し奥まった場所にある寂光苑へ



200909241840.jpg
苑の一角にある鐘楼
【鐘は自由に撞いて下さい】
(ただし2回まで)
とあったので
一回だけ撞かせてもらいましたが
あたりの静けさを
破ってしまいました



200909241842.jpg
周囲のモミジはまだ濃い緑
紅葉時期は見事だろう

このあと、永平寺を後にして
東尋坊へ向かう



200909241846.jpg
途中で立ち寄る
「越前竹人形の里」
奥の竹林に囲まれた創作竹人形館では
人形制作の実演と
匠の技で作られた
数々の人形が見られました



200909241850.jpg
展示された人形には
竹の繊維を女性の髪に
見立てたものが多かったが
何となく白髪を連想した
その点ではこの「翁」は
違和感がなかった



200909241851.jpg
12時20分
東尋坊に到着し
タワーの展望台に上がってみたが
肝心の岩場は
松林に隠れて見えなかった



200909241853-1854.jpg
岩場の端に出て
パノラマで大きさを実感
岩の上には人が写ってます



200909241860.jpg
この風景
サスペンスドラマで見たことが・・・

このあとは
金沢の兼六園に向かいました



20090924CIMG1861.jpg
15時50分
兼六園に到着



200909241864.jpg
枝ぶりが見事な「唐崎松」
観光案内で見た光景が
たくさんありましたが
パンフレットにはない風景を
載せてみました



200909241866.jpg
「霞ヶ池」



200909241870.jpg
山崎山にあった東屋



200909241873.jpg
園内の遊歩道以外は
一面の苔で覆われていて
落ち葉ひとつ見当たらない
掃除が行き届いているようだ



200909241874.jpg
「根上松」
最初は土を盛って植え
値が大きくなって土を覗くと
こうなるらしい

兼六園は閉門の17時まで散策

その後は
金沢の奥座敷「湯涌温泉」の
予約した宿に向かい
温泉で疲れを癒した


翌日は能登半島を北上
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-978.html

関連記事

能登半島西岸を北上し輪島へ

2009/09/25

昨夜は加賀百万石の奥座敷
湯涌温泉の宿でゆっくり疲れを癒し
今日は能登半島の西岸を
輪島に向かって北上する


200909251889.jpg
温泉郷の出口付近に
茅葺き農家が3棟保存され
自由に見学できるので寄ってみた



200909251890.jpg
建物の中には囲炉裏や自在鉤など
田舎の我が家にもあったな~
しばらくすると
一人の中年男性(市の職員?)
が現れ、建物の構造や
補修方法など
丁寧に説明していただいた



200909251891.jpg
現在は3棟しかないが
将来は14棟が移築される予定だとか
屋根裏は
葛や縄でしっかり編み込まれている



200909251892.jpg
軒先に見える屋根の断面
一番下が藁、その上が細い葦
一番植えが太い葦で葺いてある
昔は自然の葦が現地調達できたが
最近は難しくなり
葺き変える時は
遠くから取り寄せているそうだ



200909251899.jpg
土間の上にある
箱のような部屋は
役人の抜き打ち査察を
事前に察知するための部屋
だったとの説明が・・・・
ここからどうやって・・・?



200909251907.jpg
輪島へは能登有料道路の一部
内灘IC~柳田ICを利用し
時間短縮する
11時頃高松SAにて休憩
日本海を望む

有料道路は柳田ICで出て
国道249号を北上
途中から県道36号に別れ
能登金剛へ向かう



200909251910.jpg
12時00分
最初の景勝地に到着
右前方の岩が鷹の巣岩のようです



200909251913.jpg
巌門は上の写真から
少し海岸に降りていきます
案内表示に従って
暗い岩のトンネルを抜けると
崖の下に出ました



200909251919.jpg
目の前には
先程上から見えた
鷹ノ巣岩が見えます
巌門は右側の崖で
大きく穴があいています



200909251920.jpg
少し離れた所から
崖の全景「巌門」を撮りました
これから右後方の階段を上がり
崖の上に上がってみます




200909251922.jpg
崖の上から見る能登の海
崖の下から遊覧船が出ていたが
地元の青海島と似た光景なので
スルーしました

20090925CIMG1928.jpg
途中、道の駅で昼食



20090925CIMG1929.jpg
13時40分
ヤセの断崖入口に到着



200909251930.jpg
ヤセの断崖上から見る
能登の海と海岸線



20090925CIMG1933.jpg
義経の船隠しは
もう少し先



200909251934.jpg
この入江は
義経主従が欧州に逃れるとき
この入江に船を隠した
と伝えられている
奥行が100mあり
義経主従はこの入江に
48隻の船を隠したという
言い伝えが残っている


この光景を後に
更に輪島方面に向かう



200909251938.jpg
14時05分
海辺にコンクリートで固められたような
平坦な岩が見えてきた
気になったので傍に行ってみたが
船着場にしては狭くて浅い
なんだか判らない・・・?



200909251939.jpg
残ぽうのお赤い岩の下を抜けると
小さな道の駅「赤神」があった



200909251942.jpg
15時04分
輪島市に到着し
石川県輪島漆芸美術館へ
ここで最高の漆器を鑑賞し
ささやかな輪島塗の土産も購入



200909251943.jpg
16時20分
奥能登のキリコを一堂に集めた
キリコ会館へ
キリコとは、切子燈籠のことで
大小約20本が展示されている



200909251953.jpg
中でも最大のものは
高さ15m、担ぎ棒の長さ15m
幅2.75m、重量約2.5トン
担ぎ手約150名と
他を圧倒する大きさだった



20090925CIMG1955.jpg
キリコを見たあとは
近くの「ねぶた温泉」にて入浴
市内の食堂で夕食を済ませ
道の駅「輪島」
(輪島ふらっと訪夢)
へ向かった



20090925CIMG1957.jpg
道の駅「輪島」は配線となった
のと鉄道輪島線の
輪島駅まえ広場を利用して
作られた施設で
売店の奥に昔のホームが残っている

ここで車中泊と決めたのは
20時30分から
御陣乗太鼓
(石川県指定無形文化財)
の公演があり、これが目的だった



200909251959.jpg
それまでの時間調整に
隣接の輪島市文化会館へ
ロビーの輪島塗壁画「湖の奏」を鑑賞



20090925CIMG1967.jpg
20時30分
御陣乗太鼓の公演が始まる



200909251974.jpg
約20分間の
迫力のある太鼓演舞を見て
駐車場で車中泊

お隣の車で車中泊の方は
偶然にもお隣の島根県江津市
から来られたご夫婦で
色々と情報交換しました


翌日は朝市から五箇山へ
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-979.html


関連記事

輪島朝市~五箇山集落~白川郷

2009/09/26

昨夜の道の駅輪島での車中泊は
高速のSAと違い
周囲の車移動もなく
静かで眠りやすかった


200909261977.jpg
7時00分
目覚めて気がついたが
昨夜車を停めた場所に
大きなキリコの絵があった

今日の予定は
まず、輪島の朝市~
国道249号線で奥能登の海岸線を巡り
今日中に岐阜の白川郷まで
行く予定である


200909261978.jpg
7時45分
朝市の駐車場が混雑するかも
と思って早めに到着したが
ほとんど車はない
朝市はここから徒歩数分の所で
もっとゆっくりでも良かったな~



20090926CIMG1984.jpg
8時15分
朝市の通りに行ってみると
準備中の店が多く
観光客も疎らでした



200909261982.jpg
売り物は新鮮な海産物が多かったが
数日後に帰宅予定では・・・残念
記念に、木彫りの蛙と
木のお椀を買いました

朝市を後にして
奥能登の海岸線を巡る



200909261987.jpg
9時20分
白米の千枚田を望む
ポケットパークに着いた



200909261988-1989.jpg
ここには、1,004枚の水田があり
傾斜地に海岸まで続く
棚田風景が見事です



200909261993.jpg
9時45分
道の駅すず塩田村に着いた
揚げ浜式の塩づくりを
今に伝える道の駅で
塩の資料館も併設されていたが
ここはスルーしました



200909261996.jpg
10時20分
見附島(別名軍艦島)に到着
大きな船が浮かんでいるように見える
不思議な島です




20090926CIMG2002.jpg
それにしても
土曜日なのに
観光客は一人も見えませんね~

見附島から先は
これといった景勝地もなく
穴水ICから能登有料道路に入る


200909262003.jpg
12時40分
高松SAにて昼食と休憩

一休みしたあと
金沢を経由し
東海北陸自動車道で岐阜に向かう

五箇山ICで出るとすぐに
合掌集落がありました



200909262004.jpg
14時30分
駐車場からエレベーターで
地下3階まで下りて
トンネルを抜けると集落に出ます
集落は五箇山と菅沼の
2箇所がありますが
トンネル内の三叉路で右に向かい



20090926CIMG2005.jpg
菅沼集落の方に向かいました



20090926CIMG2007.jpg


200909262008.jpg
合掌造りの窓に
衛星放送受信用のアンテナ
ここで生活されているので
必要でしょうね~



20090926CIMG2012.jpg
茅葺き屋根の軒下

駐車場に戻り
国道156号線を5分ばかり北上



200909262017.jpg
15時15分
国道沿いにある村上家住宅へ



200909262018.jpg
これが国指定重要文化財
「村上家住宅」の全景
合掌造りの建物の中は
6年前に白川郷で見ているので
ここはパスしました



200909262020.jpg
周辺から、かん高い民謡の
歌声が聞こえるので
そちらに行ってみると
そこは
「五箇山こきりこのど自慢コンクール」
の会場でした
こきりことは
越中五箇山の山里を中心に
伝承された全国的に有名な
古代民謡らしい
出演者が歌い始める前に
4本で・・6本でお願いします
と言っているのが気になって
周りの方に尋ねたところ
音程のことらしい
本数が多いほど高音になるそうです


このあと
村上家を後に
「道の駅白川郷」に向かい
そこで車中泊予定だが
ここには温泉がない・・(-_-;)
ナビで探すと
少し岐阜方面に走るが
「道の駅飛騨白川」まで行けば
ここには温泉がある
とりあえずそこを目指した



200909262026.jpg
16時45分
「道の駅飛騨白川」に到着



20090926CIMG2027.jpg
まだ17時前だが
もう薄暗くなってきた
ここの入浴料金は 600円
源泉かけ流しの温泉は
ドライブの疲れも取れました



200909262028.jpg
風呂上りには
飛騨牛の朴葉みそ焼きで夕食
ビールは勿論ノンアルコールですよ~

ここで車中泊でも良かったのですが
明日は白山スーパー林道を
ドライブ予定で
少しでも近い方が良い

結局最初の予定通り
「道の駅白川郷」
に戻って眠りに就いた


翌日は白山林道ドライブへ
https://wanshotto1406.blog.fc2.com/blog-entry-980.html

関連記事

白山スーパー林道の山岳ドライブ

2009/09/27

白川郷の夜は
これまでと違って冷え込み
明け方には寝袋が役に立った

今回、「道の駅白川郷」で
車中泊をすることに決めた訳は
事前に24日の宿を
ネット予約したとき、湯涌温泉の
「白山スーパー林道・温泉に泊まって!
片道無料キャンペーン」を見て
片道 3,150円 無料券につられ
この宿に決めました

林道は8時から17時まで通行でき
16時にはゲートが閉門となります
朝一番でも朝日が眩しくないよう
東の岐阜県側から西の石川県側に
峠を越えるルートを考えました



200909272030.jpg
6時30分
周囲に泊まっていた車も
次々と出発して行った
朝食は近くのコンビニで済ませ
スーパー林道が開門する
8時までの時間に
白川郷合掌集落を一望できる
展望台に行ってみる



200909272031.jpg
7時05分
展望台の石碑の前
白川郷の集落には
6年前にツアーで来ているが
その時は時間がなく
この展望台には来れなかった
その点、マイカーだと
自由に動けますね~



200909272032.jpg
この展望台は
15世紀にこの地を支配していた
内ヶ島家家老の山下氏勝の
居城跡で社が祀られていました



200909272033.jpg
眼下に集落が一望でき
冬は雪景色がライトアップされ
観光パンフレットでも
お馴染みの光景になる
昨夜もライトアップが・・・
と期待したのだが
冬の時期限定だそうです



200909272038.jpg
7時20分
展望台付近の棚田に朝霧



200909272041.jpg
展望台から集落に下り
6年前に徒歩で散策できなかった
集落の外れまで行ってみました
でも8時前なので開店してないが
「甚太の庄」という
お土産屋でした


200909272042.jpg
付近の田園風景
このあと
白山スーパー林道に向かいます
入口のゲートに8時に到着
待っている車もなく
一番に通過しました



200909272044.jpg
入口からゆっくり走って15分
標高1,200mの蓮如茶屋
の駐車場に到着
そこから歩いて階段を上がると
白川郷展望台に出ます
8時20分
霞んでますが
集落は画面の中央に見えてます



200909272048.jpg
8時40分
三方岩駐車場に着きました
周囲の山肌は少し紅葉してますが
車は一台もいませんでした
一番乗りなので当然ですね~(笑)
このトンネルを抜けると
向こうは石川県になります



200909272050.jpg
8時45分
トンネルを出ると
林道は下りになります
名峰白山は左遠方ですが
はっきりしません
右下方向には
これから向かう林道が見えてます


200909272055.jpg
8時50分
とがの木台展望台に着く



200909272059.jpg
ナナカマドの実は赤いが
紅葉はしていない



200909272052.jpg
下ってきた林道
崩落した山肌がむき出しだ



200909272062.jpg
9時10分
とがの木台展望台から
6つのトンネルを抜けると
大きな左ヘアピンカーブになり
また展望台があります
これから進む
「ふくべ谷」が見渡せる



200909272063.jpg
9時20分
次の大きな右ヘアピンカーブが
「ふくべ大滝」の駐車場だ



200909272064.jpg
青空をバックに
大きな断崖を86m落下する
滝の姿は豪快でした



200909272066-2067.jpg
展望台の下まで続く
一連の流れをパノラマにしました



200909272070.jpg
駐車場の上を見上げると
崖の淵を下ってきた
林道の様子が分かります



200909272074.jpg
9時40分
蛇谷大橋を渡ると
まもなく林道の出口となります
これで今回の旅の目的は
全て終了です

23日に山口を出発し
永平寺~兼六園~湯涌温泉~
能登半島西岸を北上~輪島~
奥能登海岸~五箇山合掌集落~
白川郷~白山スーパー林道と
4泊5日の車旅
ここから小松ICから北陸自動車道~
名神高速道路~山陽自動車道を走り
23時頃、自宅に到着した




関連記事
QRコード
QR
管理人のプロフィール

 K F

Author: K F
  管理人 KF
 ブログへようこそ (^O^)
自己満足の写真ばかりですが
お気軽に覗いてください。

別館の 「KFの風景探訪」も
リンク先に入れています.
時間がある方はご覧下さい.

なお、リンクはフリーです。
相互リンクも歓迎ですので
右最下欄でご一報ください。

2000年4月~月別アーカイブ
フリーエリア
2000年4月~訪問者数
最 新 アップロード記事
最 新 の コ メ ン ト
ブログ内 記事 検索フォーム
県別・その他のカテゴリー
よく訪問している リンク先
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる