FC2ブログ

新ジャガ収穫

2012/06/28



3月11日に植えたジャガイモ
葉も枯れて収穫時期になりました
今日は梅雨の晴れ間で芋掘り日和です
 
 

植えたのは10個なんですが
今年は粒揃いで豊作でしたね~
スポンサーサイト



利尻島・礼文島・宗谷岬の旅 4日目

2012/06/17


本日はツアーの最終日

今日は層雲峡のホテル大雪を出て
富良野に立ち寄り
新千歳空港から福岡空港へ向かいます

201206172846-2649.jpg
5時52分
ホテル前の道路から
180度のパノラマにしてみました
このあと、右方向に散策に出かけます



20120617IMG_2850.jpg
5時56分
河原に下る散策路を降りて行きます



20120617IMG_2853.jpg
6時00分
層雲峡園地の表示を
石狩川の対岸に渡ります



20120617IMG_2857.jpg
6時05分
園地から見るホテルと後方の黒岳
爽やかな朝の散策を終え
ホテルに戻ります



20120617IMG_2864.jpg
7時06分
朝食に行く前に
少し暗くなったので窓の外を眺めると
散策中の晴れた空が嘘のように
黒岳にも雲がかかってます



ホテルを出発して
富良野の向かいますが
途中の天候はだんだんと下り坂に・・・



20120617IMG_2870.jpg
9時09分
車窓に雨粒が当たってきました



20120617IMG_2875.jpg
9時44分
ファーム富田に到着
この頃には雨は上がりましたが
曇ったままでした



20120617IMG_2877.jpg
サルビアも植えたばかりかな~



20120617IMG_2879.jpg
ラベンダーのアップ



20120617IMG_2880.jpg
ハウスの中では
珍しいラベンダーが咲いてました
20120617IMG_2882.jpg




201206172887-2888.jpg
ハウスの前から見る風景



20120617IMG_2890.jpg
園内を散策
20120617IMG_2891.jpg

20120617IMG_2894.jpg



ここでツアーの観光は全て終了
千歳空港へ向かいます

12時40分に空港到着
出発まで自由行動


20120617IMG_2898.jpg
14時04分
福岡空港行きの搭乗機から見る光景
大粒の雨が降っています



20120617IMG_2904.jpg
15時14分
上空は青空が広がってますね~



20120617IMG_2907.jpg
16時02分
福岡空港が近づくと
少し高度を下げてきました
どこかの海岸線が見えてますが・・・


福岡空港に到着後ツアーは終了
そこで解散となりました

しかし
山口の我が家までの旅が
もう少し残ってましたね~ (^_^;)

利尻島・礼文島・宗谷岬の旅 3日目

2012/06/16


本日の予定は、利尻島から稚内に戻り
市内を観光した後、日本の最北・宗谷岬へ北上
そこから層雲峡の宿に向かいます

20120616IMG_2720.jpg
5時30分
朝食前にホテルの裏山
「ペシ岬展望台」まで上がってきます



20120616IMG_2722.jpg
5時31分
前方からの朝日がまぶしい



20120616IMG_2725.jpg
5時40分
頂上に設置された方位盤



201206162727-2731.jpg
ここから見る利尻岳は
利尻富士の名に恥じない秀麗な姿だ



20120616IMG_2733.jpg
利尻富士を背景に一枚



20120616IMG_2760.jpg
8時13分
鷲泊港からフェリーで稚内へ



20120616IMG_2763.jpg
9時12分
フェリーから利尻富士を遠望



20120616IMG_2764.jpg
10時28分
稚内港に着くと
一昨日乗っていたバスが待機
これから明日までこのバスで移動します



20120616IMG_2766.jpg
10時47分
稚内公園の「氷雪の門」



201206162775-2776.jpg
稚内公園から見る宗谷湾



20120616IMG_2778.jpg
11時16分
お土産購入タイム



20120616IMG_2782.jpg
12時14分
JR稚内駅に行ってみました



20120616IMG_2785.jpg
日本最北端の線路とホーム



20120616IMG_2786.jpg
駅前広場に展示された線路



20120616IMG_2787.jpg
12時18分
一昨日宿泊したホテルの前から
宗谷岬に向かって出発



20120616IMG_2793.jpg
13時12分
宗谷岬の日本最北端の地に着きました



201206162794-2797.jpg
最北端の地は厳しい気候を想像していたが
今日は穏やかに晴れていました



20120616IMG_2796.jpg
土産店へ



20120616IMG_2797.jpg
店内に併設の流氷館



20120616IMG_2804.jpg
天然の流氷が展示されています
庫内の温度は
マイナス9.7度でしたよ~(>_<)


宗谷岬を後に
層雲峡ホテルに向かいます

20120616IMG_2815.jpg
15時09分
道の駅ピンネシリで休憩



20120616IMG_2820.jpg
16時18分
車窓から見える大雪山系の山



20120616IMG_2825.jpg
18時45分
層雲峡のホテルの窓から見る黒岳

今夜は温泉でゆっくり疲れを取りました

利尻島・礼文島・宗谷岬の旅 2日目

2012/06/15

旅の2日目は、稚内から礼文島にに渡り
メインのレブンアツリソウを鑑賞
そのあと利尻島に渡ります

20120615IMG_2439.jpg
4時23分
北海道の夜明けは早く
この時刻でも太陽が昇っています



20120615IMG_2440.jpg
5時45分
港はすぐ近くですがバスで移動



20120615IMG_2442 パノラマ写真
6時11分
稚内港から礼文島行きのフェリーに乗ります



20120615IMG_2454.jpg
7時43分
フェリーから見る利尻岳



20120615IMG_2463.jpg
8時33分
礼文島の香深港に着き
ここから島内の観光バスで出発します



20120615IMG_2467.jpg
8時54分
今日の座席は、左後方の席になった



20120615IMG_2484.jpg
9時20分
本日最初のスポット
礼文島の最北端・スコトン岬です



20120615IMG_2480 パノラマ写真
最北端の標識は遊歩道を下ると
先端の広場にありました



20120615IMG_2479.jpg
9時25分
最北端から引き返す



20120615IMG_2488.jpg
9時51分
次は本日のメインの
レブンアツモリソウの群生地を訪ねる



20120615IMG_2500.jpg
9時56分
群生地は立ち入りが制限され
柵で囲われた散策路を列をなして歩くため
写真は別の場所で撮りました



20120615IMG_2512.jpg
これが本日のベストショットです
この他にも数多くあったが
これが花の数が一番多かった



20120615IMG_2536.jpg
10時23分
次は澄海岬の展望地へ上がります
ガイドさんが足元の花を
説明していますが
遠くで聞こえませんね~



20120615IMG_2535.jpg
この花を説明していたのかな~?



20120615IMG_2538.jpg
澄海岬の青く澄んだ入り江



201206152545-2546.jpg
澄海岬から見る岩場



20120615IMG_2551.jpg
10時40分
休憩地で買った帆立貝



20120615IMG_2555.jpg
11時00分
ウニの殻剥き体験へ
一人につき、ウニを1個と道具を一つ
配られました



20120615IMG_2557.jpg
各自で殻を割って
中の卵巣を取り出します



20120615IMG_2559.jpg
11時10分
左側は私が取り出したもの
右が家内が取り出したものです
やはり新鮮で美味しかったですね~



20120615IMG_2571.jpg
11時48分
次は桃岩遊歩道で高山植物の鑑賞です



20120615IMG_2589 パノラマ写真
12時03分
右下に観光バスが小さく見えます
ここでは、専門のフラワーガイドさんが
花の説明をしてくれました



20120615IMG_2602.jpg
12時11分
香深港の沖には豪華客船が停泊してました



20120615IMG_2604.jpg
12時15分
この付近で見られる花
写真もたくさん撮りましたが
数が多くてUPはしていません
悪しからず・・・



20120615IMG_2607.jpg
12時20分
遊歩道の高い糸ころからは
利尻山が望めました



20120615IMG_2611.jpg
12時27分
フラワーガイドさんを先頭に
遊歩道を下る一行



20120615IMG_2635.jpg
13時31分
香深港から見る豪華客船と利尻富士



20120615IMG_2639.jpg
14時03分
利尻島行きのフェリーに乗船



20120615IMG_2641.jpg
14時42分
利尻島の沓形港に入港



20120615IMG_2659.jpg
15時30分
利尻島の最南端
仙法志公園から見る利尻富士



20120615IMG_2664.jpg
15時50分
南浜湿原到着



20120615IMG_2670.jpg
15時53分
湿原の散策に出発



20120615IMG_2684.jpg
16時20分
別の沼にて記念ショット



20120615IMG_2692.jpg
17時14分
利尻島の北部にある湖へ



20120615IMG_2693.jpg
17時15分
吊橋を渡り池の周辺散策へ



20120615IMG_2707.jpg
17時31分
無風状態でシャッターチャンス
念願の逆さ富士が撮れました



201206152714-2706.jpg
18時00分
今夜の宿は鷲泊港の「利尻マリンホテル」
部屋の窓から見る利尻富士

昨夜は宿に到着が遅かったが
今日はゆっくりできそうだ
明日は早起きして
ホテルの裏山「ペシ岬展望台」に上がってみよう

利尻島・礼文島・宗谷岬の旅 1日目

2012/06/14


某旅行会社が募集していたツアー
「利尻島・礼文島・日本のてっぺん宗谷岬の旅」
3泊4日のコースに行ってきました

一日目は、福岡空港に集合
そこから新千歳空港へ
新千歳空港からは観光バスで
稚内のホテルまで約360Km
広大な風景や海岸美・利尻富士に沈む夕日を眺める
ほとんどがバスの車窓からの観光でした

20120614IMG_2372.jpg
10時36分
福岡空港でこれから搭乗する
福岡~新千歳便の機体には
ピカチュウが描かれていました



20120614IMG_2373.jpg
13時51分
新千歳空港には観光バスが待機
早速乗り込みました



20120614IMG_2374.jpg
バスの席は4日間、毎日変わります
初日は運転手のすぐ後ろで
すぐ前には、今回の旅の予定が貼ってあります



20120614IMG_2383.jpg
運転席の後ろなので
前方の景色がよく見えます
何処までもまっすぐな道央自動車道ですが
山口では見られない風景です



20120614IMG_2384.jpg
15時33分
砂川ハイウエイオアシスで休憩



20120614IMG_2385.jpg
休憩地では
その土地ならではの名産に舌鼓です



20120614IMG_2389.jpg
16時14分
留萌へ向かう車窓




20120614IMG_2393.jpg
17時06分
海添いの道をひた走り



20120614IMG_2405.jpg
17時45分
はぼろ温泉サンセットプラザで休憩



20120614IMG_2406.jpg
18時11分
雪深い地方独特の路肩表示で
矢印が下がっている



20120614IMG_2409.jpg
18時43分
牧草地を右に見て



20120614IMG_2417.jpg
19時06分
オトンルイ風力発電所の横を通過
オトンルイとはアイヌ語で
「浜にある道」という意味だそうです
高さ100m、ローターの直径が50mが
約3Kmにわたって並びます 






20120614IMG_2421.jpg
19時09分
左前には利尻島で
利尻岳(利尻富士)と夕日が
素晴らしい光景でした






20120614IMG_2426.jpg
19時18分
日本海に沈む夕日






20120614IMG_2430.jpg
20時00分
今夜の宿
稚内の全日空ホテルに到着






20120614IMG_2433.jpg
22時02分
ホテルの窓から見た
稚内港の夜景

翌日は強行軍の旅で
早朝4時過ぎには起床予定です (-_-;)

小田原城

2012/06/05


厚木からの帰路、小田原駅で新幹線に乗り換え
ここで乗車までの空き時間を利用して
小田原城の散策に行ってみました


20120605IMG_2291.jpg
10時17分
小田原駅の西口ロータリーにある
北条早雲公の銅像



20120605IMG_2295.jpg
10時32分
小田原城には東口から徒歩で向かう
こちら側の歩道はがら空きだが
反対側の歩道は人の列
小田原駅に向かう人かな~



20120605IMG_2297 パノラマ写真
ハローワーク前から見るお濠



20120605IMG_2302.jpg
濠に沿って歩き、正面入口を通り過ぎ直進
正面角を右に曲がり南入口に向かう



20120605IMG_2304.jpg
右に曲がると道路を挟む左側に
白壁で瓦ぶきの立派な建物があります
何の施設かな~と思って
調べてみると
「小田原市立三の丸小学校」でした
こんな学校もあるんですね~!



20120605IMG_2307.jpg
郷土文化館下の濠は
蓮ヶ池でした



20120605IMG_2316.jpg
11時05分
常盤木門前の赤い橋を背景に
紫陽花をアップで



20120605IMG_2319.jpg
赤い橋の下を通り抜け
菖蒲園に向かう



20120605IMG_2322 パノラマ写真
菖蒲園は花が少ない
後方は本丸の斜面に咲く紫陽花



20120605IMG_2326.jpg
梅の実はほんのりと色づいてました



20120605IMG_2329.jpg
橋に上がって本丸に向かう



20120605IMG_2330.jpg
橋を渡ると桝形になり
右が常盤木門だ



20120605IMG_2333.jpg
11時18分
常磐木門
常盤木とは常緑樹の意で
門の傍らには往時から松が植えられています
また、松の木が常に緑色をたたえて
何十年も生長することから
小田原城が永久不変に繁栄することを願い
常盤木門と名付けられたといわれています


20120605IMG_2337.jpg
常磐木門から本丸に入ると
正面に天守閣が見えます



20120605IMG_2339.jpg
天守閣への入口は
高い石垣(高さ11.5m)の上にある



20120605IMG_2340.jpg
11時25分
天守閣登城口は
階段状の石垣を上がる
城内は撮影禁止でしたが
戦国時代や江戸時代における
小田原城の歴史や役割が展示されていました


5階の展望デッキからの撮影はOKでした

20120605IMG_2342 パノラマ写真
正面遠方は丹沢の山並、手前がIR小田原駅です



20120605IMG_2345 パノラマ写真
正面遠方は箱根方向



20120605IMG_2349 パノラマ写真
左は駿河湾、右は真鶴・伊豆半島を遠望



20120605IMG_2352 パノラマ写真
左には三浦半島、右は駿河湾の方向



20120605IMG_2358.jpg
12時44分
小田原城内で一番の巨木です



20120605IMG_2360.jpg
13時11分
銅門から出て振り返る



20120605IMG_2364 パノラマ写真
濠の角から見る



20120605IMG_2367.jpg
濠に沿って歩き小田原駅に向かう



20120605IMG_2368.jpg
商店街も賑わいが出てきました



20120605IMG_2369.jpg
13時42分
小田原駅に戻る

この後新幹線で無事に山口まで帰りました

高尾山の周回

2012/06/04

昨日は、渋谷・明治神宮・表参道を散策したが
今日は息子の案内で高尾山を歩いてきました

厚木から高尾まではマイカーで向かい
車は高尾山自動車祈祷殿広場に停めました

201206042128.jpg
10時00分
高尾新橋を渡ると
両側にお土産屋が並ぶ表参道です



201206042131.jpg
表参道の一番奥が高尾山清滝駅で
ケーブルカーとリフトが発着しています
上りはケーブルカーを利用し
下りはリフトで景色を楽しみます
料金は、ケーブル・リフト共通で
往復で800円でした



201206042133.jpg
10時11分
このケーブルカーは
日本一の急勾配(最大者度31度18分)です
車内の床は上に角度が付いているが
乗り場ではそれほど感じなかった



201206042141.jpg
10時20分
それでも中間点を過ぎると
勾配がきつくなり何かにつかまらないと
体がずり落ちそうになります
この写真も椅子の肩に手をかけ
片手でなんとか撮りました



201206042147.jpg
ケーブルカーを降りて山頂へ向かうと
山頂まで40分の表示がある
今がが10時26分なので
山頂は、11時10分頃になるのかな~



201206042151.jpg
10時31分
大きな杉の根っこが
たこの姿に似た「蛸杉」に着く
20120604IMG_2152.jpg



201206042154.jpg
10時34分
浄心門を通過する



20120604IMG_2157.jpg
門の奥の参道は
両脇に赤い灯篭がずらりと並ぶ



201206042158.jpg
10時39分
男坂と女坂の分岐に着く
左が階段の男坂、右は緩やかな女坂
小さな子供連れは右に向かってますが・・・



201206042159.jpg
時間短縮で男坂に向かいます
階段は人間の煩悩といわれる108段ですが
まだ息切れせずに上れました



201206042162.jpg
10時44分
明るく開けた所が
右奥から来る女坂との合流地点です
左には茶店、正面には子育て地蔵
前のベンチで休憩している人もいます



201206042167.jpg
10時47分
左側に高尾山の霊木「天狗の腰掛杉」がある
仰ぎ見ると、それらしき枝がありますね~



201206042170.jpg
10時50分
山門に到着
通常の山門には仁王像が左右に
一体ずつあるのが普通なんですが
この三門には四天王が4体
前面に2体、裏面に2体ありました



201206042177.jpg
10時52分
境内に入ると大きな天狗が
上から睨みをきかせていました



201206042181.jpg
11時04分
次は仁王門へ



20120604IMG_2182.jpg
この仁王門は
ガラス窓に囲まれた仁王像でした



201206042184.jpg
11時05分
高尾山薬王院の御本堂に参拝



201206042185.jpg
本堂の左上にある小天狗の面



201206042186.jpg
右上には大天狗の面がありました



201206042189.jpg
11時09分
御本堂の左奥の階段
ここから上がり山頂に向かう



201206042192.jpg
11時11分
階段の上に赤い鳥居が見える
今日の高尾山で見る
初めての鳥居だが・・・




201206042193.jpg
11時12分
鳥居の正面に鎮座する極彩色の社殿
高尾山薬王院の本社です
正式には、「真言宗智山派大本山高尾山薬王院有喜寺」
というのが本当の名称のようですが・・・



201206042201.jpg
社殿の彫刻は素晴らしく、見ていて飽きません
細かな所もゆっくり見たかったのですが
時間の都合でカメラに収めて帰り
家に帰ってからPCでズームアップして
じっくりと鑑賞しました
山頂には社殿の右から奥に向かいます


201206042203.jpg
11時18分
コースは社殿の裏山へ階段で上がります



201206042206.jpg
石段を上がると稜線で
緩やかに下って行きます



20120604IMG_2207.jpg
11時25分
また少し上り坂ですが
木陰で涼しい風が吹いていました



201206042210.jpg
11時31分
トイレの前に分岐があって
中央が山頂へ向かう道で
左と右は5号路(山頂周回コース)となる
まずは山頂に向かい
その後ここまで戻り、反時計回りに
山頂を周回することにした



201206042214.jpg
11時35分
山頂に到着しましたが
ちょうどお昼前で山頂広場には
多くに人が休憩中でした
とりあえず一番奥へ



201206042215-2216.jpg
1一番奥にある展望場所
前の説明によれば
ここから富士山が望めるはずなんですが・・・



20120604IMG_2218.jpg
それらしい所をズームアップしてみました
中央右上の雲の形から
何となく富士山頂の姿に見えるのですが
気のせいでしょうかね~ (-_-;)



20120604IMG_2219.jpg
仮想の富士山を背景に記念ショット

このあと木陰を探して昼食と休憩
その後も状況は変わらず
はっきりとした富士山は見えませんでした


12時05分
山頂を出て分岐まで戻り
5号路(山頂周回コース)を辿る


201206042230.jpg
12時17分
山頂の少し下を
山腹を巻くように周回します



20120604IMG_2232.jpg
12時20分
杉林の下を行く周回散策路



201206042235.jpg
12時30分
周回コースの途中で
6号路・3号路の分岐を通過します
そのとき前方から
「アサギマダラがいるよ~!」
と聞こえてきた



201206042251.jpg
12時32分
アサギマダラは、日本全土と台湾
南西諸島までを往復することで知られている
しかし、実際に見たのは初めてだ
ネットの情報では
群れで渡るものもいるそうだが
この時は一匹だけでした



201206042256.jpg
12時57分
下山は4号路(吊り橋コース)で下ります
しかし分岐付近が工事中のため
最初の一部は「いろはの森コース」を通ります



201206042263.jpg
13時01分
やがて本来の4号路に合流し
山の中腹を巻いて下って行きます
このあたりでは野鳥の鳴き声が賑やかになる



201206042266.jpg
13時04分
4号路のメインである吊り橋
橋の周囲や橋の下にも木立の葉が茂り
高度感はありませんでした



201206042272.jpg
13時11分
木の根が露出した場所を通過
このあと、登りで通った1号路に合流します



20120604IMG_2278.jpg
13時19分
左はケーブルカー乗り場
帰路はリフトで下るので右に向かう



201206042280.jpg
13時22分
東京都内が見渡せる場所ですが
空気が澄んでいれば
スカイツリーや東京タワーも見えるそうです



201206042281.jpg
13時24分
高尾名物「天狗焼」を買うために
行列に並びます



201206042282.jpg
13時34分
並んで待つこと約10分
ようやく食べられました
モッチリとした皮に黒豆の餡子が入って
とっても美味しかったですね~



201206042285.jpg
13時48分
下りのリフトは12分あまり
遠くの都心を眺めながら
麓の清滝駅まで下っていきました



20120604IMG_2289.jpg
14時10分
参道でお土産を買って



20120604IMG_2290.jpg
14時20分
駐車場に到着
10時前にここから歩き始め
約4時間半、高尾山を満喫できました

このあと、息子の運転で厚木まで戻りました

渋谷~明治神宮

2012/06/03

息子夫婦の案内で
渋谷駅前散策~明治神宮参拝~表参道散策
に行ってきましたが地方に住む者には
人の多さに少々戸惑い気味でしたね~

20120603CIMG4094.jpg
忠犬ハチ公像
渋谷のシンボルで
待ち合わせの場所としても有名
この日もハチ公の周囲には
誰かを待っているような人が多かったです



20120603CIMG4106.jpg
SHIBUYA109
このビルはTVのニュース等で
何度か見ている知っている
しかし、歩道を歩く人の密度は
田舎では経験がないものだった



20120603CIMG4109.jpg
国立代々木競技場
この独創的な形の建物を
実際に見るのは初めてだ



20120603CIMG4110.jpg
明治神宮一の鳥居
ここから南参道に進みます



20120603CIMG4115.jpg
長い南参道を歩いて



20120603CIMG4117.jpg
奉献酒樽(右側)
日本全国の日本酒がずらりと並んでます



20120603CIMG4118.jpg
奉献酒樽(左側)
こちらにはワインの樽が並んでます




20120603CIMG4119.jpg
二の鳥居
高さは12mあり
木造の明神鳥居としては日本一の大きさです



20120603CIMG4123.jpg
三番目の鳥居



20120603CIMG4125.jpg
楼門(南神門)から境内へ
明治神宮は大正9年(1920)に創建されたが
昭和20年(1945)に空襲でほぼ焼失した
しかしこの楼門は焼失を免れ
当時の姿を留めています



20120603CIMG4126 パノラマ写真
老門を入ると広い空間が広がってました
左に見える奥に外拝殿があり
その手前両脇に御神木の夫婦楠が
仲良く並んでました


20120603CIMG4130.jpg
正面の外拝殿にて参拝しました
一般の参拝者は
内拝殿・本殿までは参拝できません



20120603CIMG4133.jpg
参拝を終え陸橋から見る原宿駅
ここからこの界隈を散策し
厚木への帰路につきました

プロフィール

kk1188

Author:kk1188
【  管理人 KF 】
 ブログへようこそ!
何気ない日常の出来事や
旅先で見たの風景などを
スマホやデジカメ一眼で
気ままに撮ってます。

別館で『KFの風景探訪』
https://kk1188ff.exblog.jp/
も開設しています。

なお、リンクはフリーです。
最下段のブロ友申請フォームで連絡頂いた方は相互リンクをさせていただきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR