FC2ブログ

獲物を待つ

2013/05/20


夕方の散歩で見かけた光景
  

田んぼに水が入ると
その周りにはシラサギがやってきます
 
辺りを見回しながら
餌を探しているようですね  
 
 
 

耕運機が近づいても
逃げる様子はありません

邪魔にならない距離は知っていますね~
スポンサーサイト



今朝の庭

2013/05/20


昨夜の雨が止んだ、今朝の庭先で咲き始めた花です
  
 

この皐月は、一本でいろんな色が楽しめます
 
 
 

トマトの花は、まだ水滴が残っていました
 
 
 

レースラベンダーは、先端から開いてきます

黒いアゲハ蝶

2013/05/13


庭先に黒いアゲハ蝶が飛んできました
 
 

 
最初はビオラの周りを飛び回り・・・・
 
 

 
次はレモンの花にやってきました
 
 

デンドロビューム

2013/05/13


ようやく咲きました~  \(^O~)/
 

 
 
 

 でも、今年の花は、なんだか小さいです

グランフロント大阪にて

2013/05/08


今話題のグランフロント大阪へ行ってみました
 
北館テラスガーデンからの光景です 
 

←TOWER A OFICE & TOWER B OFICE   ↑ 新梅田シティ  インターコンチネンタルホテル大阪→
 
とても広く、全館は巡ることができませんでした・・・(汗)

岸和田を散策

2013/05/06


今日は岸和田を散策してきました

20130506IMG_6952.jpg
岸和田城の本丸隅櫓(復興隅櫓)は
大手門ともに1969年(昭和44年)に
再建されたものです
岸和田城の遺構のなかでも
内堀石垣下部の「犬走り」は珍しく
城の防御には不利と思われるが
岸和田城では、石垣に用いられた石の多くが
「和泉砂石(いずみさがん)」という
強度の弱い石であったため
石垣を補強するために設けたのではないか
と考えられています


20130506IMG_6954.jpg
正面の大手門と右の丸隅櫓



20130506IMG_6955.jpg
大手門から入城します


20130506IMG_6959.jpg
岸和田城は
伝承では、建武新政期に楠木正成の一族
和田高家が築いたといわれています
天守閣は、羽柴秀吉による紀州征伐ののちに
城主となった小出秀政によって築かれました
本格的な5重5階の天守は1597年
(慶長2年)に竣工しています
その後、1619年(元和5年)に
松平康重によって改修が行われますが
1827年(文政10年)11月20日
岡部宣勝が城主のときに落雷のため焼失し
以降は再建されないまま明治を迎え
廃城となりました
本来は5 層天守であったことが
絵図などで確認されていますが
現天守閣は、昭和29年に建造された
3層3階の天守です



20130506IMG_6961.jpg
岸和田城の復興天守前にある「八陣の庭」は
日本の昭和期における代表的な庭園研究家であり
作庭家でもあった重森三玲(しげもりみれい)
の設計で、1953年(昭和28年)12月に
竣工した砂庭式枯山水庭園です



20130506IMG_6963 パノラマ写真
天守閣最上階からの展望



20130506IMG_6979.jpg
岸和田だんじり会館


20130506IMG_6981.jpg


20130506IMG_6984.jpg


20130506IMG_6987.jpg


20130506IMG_7006.jpg




20130506IMG_7014.jpg
旧紀州街道沿いの本町筋は
商家の建物の町並みが連なっている



20130506IMG_7016.jpg
一里塚



20130506IMG_7018.jpg
中には何層にもなった屋根を持つ豪邸もありました
20130506IMG_7020.jpg



20130506IMG_7024.jpg
紀州街道の起点
20130506IMG_7025.jpg
街道の起点から右に続く町並み



天龍寺~嵐山~二条城

2013/05/04

GW後半は堺の長男宅に滞在し
新緑の京都を巡りました

201305046737.jpg
嵯峨嵐山駅から歩いて7分
天龍寺へ向かいます
左側に大きな入口がありましたが
新緑のモミジに惹かれ
ここから入ります


201305046742.jpg
最初は特別公開の「雲龍図」
を拝観するため法堂へ
法堂の天井には直径9mの円形枠いっぱいに
描かれた龍が上から睨んでいます
当然ですが法堂の内部は撮影禁止でした

法堂を拝観したあとは
大方丈の外周を回って庭園に向かいます

201305046744.jpg
大方丈の床に映る新緑



201305046746.jpg
方丈の説明



201305046747.jpg
中央に祀られているご本尊は
暗くてよく見えませんね~



201305046756.jpg
大方丈の左側から
奥の庭園に向かいます
和服姿も京都ならではの光景ですね



201305046757.jpg
上の建物の内側に描かれた達磨は
望遠でズームアップしました



201305046760.jpg
大方丈の左奥に進むと
曹源池の端に出ます


広い庭は一枚のフレームに収まりません
下はパノラマに合成しています

20130504IMG_6762 パノラマ写真
池の左端から見た光景



20130504IMG_6771 パノラマ写真
大方丈の正面から見た光景



20130504IMG_6779 パノラマ写真
池の右奥から見た光景

動画でもご覧下さい





201305046796.jpg
曹源池を見たあと
奥に広がる百花苑を散策しました
この藤は「黒龍藤」の名がついてました



201305046811.jpg
竹林に咲く「霧島躑躅」



201305046812.jpg
「白牡丹」



201305046819.jpg
竹林の道に出る前に
百花苑の中でまだ通っていない
散策路を巡ってみます
これから見頃になるシャクナゲ



20130504IMG_6821.jpg
「クリーム色の躑躅」



20130504IMG_6830.jpg
新緑の中を抜けると
曹源池の奥に出ました



20130504IMG_6832.jpg
更に別の散策路へ
細い葉のシャクナゲもありました



201305046836.jpg
百花苑の北門を出ると竹林の道です
やはり嵯峨野の人気スポット
観光客でいっぱいです



201305046847.jpg
しばらく立ち止まり
人の流れが少なくなったとき撮りました
竹林の奥まで行って引き返します



201305046854.jpg
次は、新緑に包まれた「野宮神社」へ
このあと
天龍寺前を通り過ぎ
嵐山観光で欠かせない「渡月橋」へ向かう
途中で昼食の場所を探すものの
何処の店も長い行列・・・


201305046858.jpg
仕方なく近くでおにぎりを買って
渡月橋の見える所で
腰を下ろして食べました



201305046872.jpg
そのあとは渡月橋を渡ります
橋の上も行列で、人の切れ目はありません



20130504IMG_6875.jpg
渡月小橋も渡ります



201305046876.jpg
おにぎりの昼食ではちょっと物足りず
店の入口に書かれた
わらびもちに惹かれました



201305046878.jpg
お茶の時間には少し早かったが
結局、「おうすセット」500円を
いただきました (-_-;)



201305046884-6887.jpg
小腹も落ち着き
渡月橋を渡って戻ります
上流の風景をパノラマにしました



201305046891.jpg
嵐山駅に戻る途中
気になった特別拝観の看板があった
「長州藩士の刀傷」
これは長州人としては見逃せない



201305046892.jpg
あまり拝観する人はいないようだが



201305046895.jpg
寺の位置は天龍寺のすぐ前で
幕末の動乱時、蛤御門の変に際し
天龍寺に陣を構えた長州藩の軍勢が
柱に試し切りをした傷跡が残っていた
201305046898.jpg





20130504IMG_6908.jpg
嵐山駅で電車を待つ間
別のホームに見えたトロッコ列車



201305046913.jpg
嵐山駅から二条城駅まで電車で移動
そこから二条城入口まで歩いたが
結構な距離があった



201305046916.jpg
ここが正面出入口の「東大手門」



201305046922.jpg
国宝の「二の丸御殿」
武家風書院造の代表的な御殿建築で
建物面積は3300㎡、部屋数が33部屋
畳は800畳あまりの広さです
御殿の中を一巡するのに
要した時間は役40分でした



201305046926.jpg
御殿の内部は撮影禁止なので
入口の軒先だけ撮りました
世界文化遺産に登録で
見どころ満載でした
入場料600円の価値はありますね



201305046928.jpg
二の丸庭園
400年以上前に造営された庭



201305046936-6938.jpg
どこから眺めても見事でした

今回は欲張って
嵐山と二条城を一日で巡りましたが
其々一日をかけてもよかったですね~
プロフィール

kk1188

Author:kk1188
【  管理人 KF 】
 ブログへようこそ!
何気ない日常の出来事や
旅先で見たの風景などを
スマホやデジカメ一眼で
気ままに撮ってます。

別館で『KFの風景探訪』
https://kk1188ff.exblog.jp/
も開設しています。

なお、リンクはフリーです。
最下段のブロ友申請フォームで連絡頂いた方は相互リンクをさせていただきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR